1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

モバイルバッテリー持ち歩くなら、ついでに手も温めちゃえば一石二鳥!

&GP / 2023年12月6日 11時30分

写真

モバイルバッテリー持ち歩くなら、ついでに手も温めちゃえば一石二鳥!

12月に入り、寒さを日増しに感じるようになりましたよね。そんなとき頼りになるのがカイロ。近年は定番の使い捨てタイプだけでなく、電池式や充電式で何度も使えるタイプも人気が高まっています。

ELAiCE(エレス)の「e-Kairo TAF(イーカイロ タフ)」(3278円)は、充電して何度も使える充電式のハンドウォーマー。手先を温めるカイロ機能に加え、LEDライト機能やバッテリーチャージャー機能を搭載した一台三役の機能を備えているのが特徴。冬シーズンだけでなく、1年を通して使える便利なギアです!

サイズは約長さ99×幅45×厚さ23mmで、重さは約143g。3.6V/5000mAhの充電式リチウムイオンバッテリーを内蔵しています。スイッチを入れてから約5分で表面温度が約45℃まで上昇し、冬の寒さで冷えた手先を素早く温めます。約45℃に到達したところで自動で電源がオフになり、また本体が冷えたところで再び自動で電源が入る設計です。

連続稼働時間は約5~7時間。朝夕の通勤時はもちろん、冬場のレジャー時や夜の屋内など、場所を選ばず使えます。

カイロ以外に、ふたつの機能が付帯しているのが特徴。本体上部の黒いシリコンキャップを外すとLEDライトが現れ、手元を明るく照らします。LEDライトのみ使用する場合は、フル充電で約35時間と長時間に渡って点灯。

もうひとつの機能はバッテリーチャージャー機能。LEDライトの天面部にUSB Type-Cポートが1つ備わっており、本体への充電、また本体から別の機器への給電の両方を兼ねています。一般的なスマーフォンで約1~1.5回分の充電が可能。万が一スマホのバッテリーが切れてしまっても安心です。

カイロ本体のフル充電所要時間は約3時間。本体充電中と他の機器への給電中は、カイロ、LEDライトともにオフ状態となります。なお、カイロを使いながらLEDライトを点灯させることは可能です。

カラーはネイビー、グレー、ベージュの3色。冬シーズンはカイロ機能をメインに、その他のシーズンはモバイルバッテリーとして使うなど、1年を通して使えるのが嬉しい「e-Kairo TAF」。複数持ちも大いにありのアイテムとなりそうですね。

>> ELAiCE

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆キャンプに行っても行かなくても、スノーピークの難燃アウターは全方位で活躍します
◆保温+防水+滑りづらい。コロンビアのウインターブーツは冬の足元の強い味方!
◆ホッキョクグマの毛の保温性を再現!?温熱機能も搭載する“最強の寝袋”誕生!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください