1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

サイズ、容量、W数、何を重視する?モバイルバッテリーガイド【最新テレワークギア&仕事の靴/鞄/文具】

&GP / 2023年12月6日 20時0分

写真

サイズ、容量、W数、何を重視する?モバイルバッテリーガイド【最新テレワークギア&仕事の靴/鞄/文具】

【最新テレワークギア&仕事の靴/鞄/文具】

どこででも快適に仕事をするために、手を打つべきは“充電切れのストレス”だ。最近はモバイルワーカーが使いやすい製品が続々と登場している。今回はビックカメラ有楽町店の売れ筋&オススメの商品7点をご紹介しよう。

*  *  *

ビックカメラ有楽町店に入ると、1Fに大きくモバイルバッテリーコーナーが設けられている。

「メインはアンカーとCIOの2ブランドです。特にアンカーはよく知られていて種類も豊富なので、圧倒的な人気です」と前田さん。

モバイルワーカー向けというと“軽量のバッテリー”だと思いがちだが、最近はユーザーからの要望が変わってきているそうだ。

「スマホが進化するとバッテリー容量が大きくなるので、伴ってモバイルバッテリーもだんだんと容量の大きなものへシフトしています。製品を選ぶ際は、まず充電する機種を確認します。タブレットの場合は10000mAh以上、PCの場合は25000mAh以上あると安心です。さらに大事なのがW数です。W数が足りないと充電ができないので、MacBook Airなら30W以上、MacBook Proなどの場合は45W以上、60Wは欲しいところです。用途以上に大きなモノを選ぶと重量も増えるので、最適なモノを選びましょう」

ビックカメラ有楽町店/前田利章さん
スマホアクセサリー担当として、有楽町店のモバイルバッテリーの品揃えをすべて担っている。自他共に認めるガジェットマニアで、最近のイチオシアイテムは「Anker Prime Power Bank(12000mAh, 130W)」

 

【ガジェット好きにささる!ハイスペックな1台】

▼ディスプレイに充電状況を表示するAnkerの最高峰充電器シリーズ

アンカー・ジャパン
「Anker Prime Power Bank」(1万2990円)

最近のイチオシです!さらに大容量のモノも出ましたが、持ち運ぶなら350mlペットボトルと同サイズのこちらがオススメ(前田さん)

各ポートで最大65Wまで出力でき、MacBook Proにも充電可能。2台同時充電ができ(最大130W出力)、最大65Wで入力できるため、約45分でバッテリー本体の充電が完了する。サイズ:約135×55×33mm、重量:約360g、容量:12000mAh、最大出力:65W

▲ディスプレイにリアルタイムで、出力やバッテリー残量、充電にかかる時間が、スマホ画面のようにわかりやすく表示される

 

【機能バランスが良くベーシックに使う方にオススメ】

▼10000mAhで25W出力は普段使いに最適

アンカー・ジャパン
「Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W」(3990円)※店頭価格・店頭専売品

ビックカメラでも売り上げ上位の製品です。大容量かつ高出力で5000円を切るコスパの良さが人気です(前田さん)

コンパクトさ、大容量、高出力、2台同時充電が揃ったバランスの良い一台。発熱を抑えながらフルスピード充電が可能なPPS規格にも対応。サイズ:約107×52×27mm、重量:約194g、容量:10000mAh、最大出力:25W(USB−Cポート)、22.5W(USB-Aポート)

▲持ち運びがしやすい手のひらサイズ。10000mAhの大容量なので、充電を忘れがちなズボラタイプでも安心だ

▼小さいのに超パワフル!パススルー機能も搭載

CIO
「SMARTCOBY Pro 30W」(5310円)

当店でもコーナーを設けるほど人気ブランド。日本メーカーならではの動作不良時の安心保証対応もポイントです(前田さん)

最大出力30Wで、MacBook Airの充電が可能。コンパクトながらも容量は10000mAhで日常使いには申し分なし。デバイスを充電しながら本体にも蓄電ができる、パススルー機能を搭載している。サイズ:約77×56×26mm、重量:約183g、容量:10000mAh、最大出力:30W

▲クレジットカードサイズの小型バッテリー。側面のボタンを押すとバッテリー残量がLEDで数字表示される

 

【とにかくミニマルに!持ち運びやすさ抜群】

▼スティック型が使いやすいUSB急速充電器との2in1

アンカー・ジャパン
「Anker 511 Power Bank(PowerCore Fusion 30W)」(5490円)

人気シリーズの新作で、W数がパワーアップしました。他にはないスマートな形なので、持ち運びやすさは◎(前田さん)

コンセントにさせば急速充電器にもなる1台で2役をこなす、スティックタイプのモバイルバッテリー。サイズ:約78×44×31mm(プラグ部を除く)、重量:約185g、 容量:5000mAh、最大出力:30W(急速充電器として使用時)、22.5W(モバイルバッテリーとして使用時)

▲急速充電器として使用時は最大30W出力となり、MacBook Airにも充電可能。ストラップ付きなので持ち運びもスムーズ!

▼厚さ12.7mm!胸ポケットにも入る超薄型

エレコム
「DE-C37-5000」(2480円)

カラー展開が豊富なので、「iPhoneのカラーと合わせたい」といったビジュアル重視の方にも人気です(前田さん)

PC等への充電は不要で、とにかく軽さを求める人にはこれ。約1800mAhのスマホなら約1.6回分充電ができるので、普段使いには十分だ。カラーは6色展開。サイズ:約63×約12.7×約92.5mm、重量:約110g、容量:5000mAh、最大出力:12W

▲持つというより摘む感覚の圧倒的な薄さ。重量の110gと軽いので、サブ機としてバッグに入れておくのもあり

 

【出張にも最適!PCも充電できるパワフルさ】

▼24000mAhの超大容量!MacBook Proも対応

アンカー・ジャパン
「Anker 537 Power Bank(PowerCore 24000, 65W)」(1万1490円)

20000mAh越えかつ、高出力で1万円台前半で買えるのはお得。PC作業を長時間外でする方にオススメです(前田さん)

 

長時間移動で充電が不安な時の強い味方となる、超大容量。MacBook Air/Proを充電でき、iPhone14ならば約5回充電が可能。USB PDに対応し、幅広い機器に急速充電ができる。サイズ:約160×85×27mm、重量:約500g、容量:24000mAh、最大出力:65W

▲最大45W&20Wで2台同時充電が可能。さらにバッテリー本体へ30Wでの入力が可能で、従来品より約2倍速く再充電できる

▼スマートなフォルムで大容量&高出力を叶える!

オウルテック
「OWL-LPB20015-R」(1万2980円)

大容量ながらも他製品と比較すると軽いので、PCも充電したいけど軽いのがいいという欲張りな方にぴったり(前田さん)

60W出力対応でタブレットやノートPCの充電が可能。容量は20000mAhでありながらフォルムはスマート。PD30W対応ACアダプタを使用すれば、バッテリーの高速充電が可能。サイズ:約60×26×150mm、重量:約340g、容量:20000mAh、最大出力:60W

▲電圧・電流を最適な値に調整することで発熱や変換ロスを最小限に抑える、USB PD-PPS対応。効率的な充電が可能だ

※2023年11月6日発売「GoodsPress」12月号34-35ページの記事をもとに構成しています

>> 特集【最新テレワークギア&仕事の靴/鞄/文具】

<取材・文/竹林佑子>

 

【関連記事】

◆AnkerのUSB-C一体型モバイルバッテリーがあれば“ながら作業”も快適です
◆厚さ3cm未満&クレカサイズなのに20,000mAhを備える大容量モバイルバッテリー!
◆スマホと一緒に持ち歩きたいケーブル&ACアダプター付きモバイルバッテリー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください