写真をきれいに撮りたいなら光が均一になるLEDライトで!

&GP / 2017年4月16日 17時0分

写真

写真をきれいに撮りたいなら光が均一になるLEDライトで!

最近は一眼レフを下げた「カメラ女子」もすっかり定着。メルカリなどフリマアプリ用に、もちろんインスタ映えするおしゃれな料理や雑貨など、自分で物撮りする人も増えていますね。プロっぽいきれいな写真を撮るためには、光を使いこなすことが大切。カメラに取り付けるだけの手軽な操作で、均一の光を照射できるパネル型のLEDライトがおススメです。

被写体を均一に常時点灯し、明るさと色温度を調整できる2種類のカメラ用LEDライト「200-DGCA002_003」は、寒色系・暖色系の高輝度LEDをそれぞれ搭載したカメラ用LEDライト。パネル型で無数のLEDを搭載し被写体を明るく均一に照らします。

「200-DGAC002」(4980円)は104灯のLEDを搭載、194ルーメンで最大230lux/m。「200-DGAC003」(8280円)は152灯、224ルーメンで最大266lux/mです。 背面に光量調節ダイヤルが付いているので、その場の明るさや被写体の雰囲気に合わせて光の強さを無段階で調節できます。 寒色用ダイヤルで被写体をクールな印象にしたり、 暖色用ダイヤルで暖かみのある雰囲気にするなど、写真の仕上がりを自在にコントロールできます。

デジタルカメラやビデオカメラのアクセサリーシューに簡単に取り付けできる、僅か30mmの薄型設計(バッテリー含まず)。1/4-20UNCネジ穴があるので、三脚に単体で取り付けることでスポットライトとしても使用可能です。関節部分はボールジョイントを採用しているので、被写体に合わせて角度調整ができます。専用充電器がセットになったお得なセットもラインナップしています。

>> サンワサプライ「200-DGAC002」

 

(文/&GP編集部)

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング