店長はメフィラス星人!サラリーマンの聖地・新橋に怪獣酒場がオープン

&GP / 2017年5月25日 21時0分

写真

店長はメフィラス星人!サラリーマンの聖地・新橋に怪獣酒場がオープン

「怪獣酒場」、知ってます? 2014年3月、「ウルトラ怪獣たちが、夜な夜な憂さを晴らし、気力を養って、明日への新たな悪巧みをするところ」として、川崎にオープン。バルタン星人が店長を務める同店は当初は1年限定でのオープンの予定でしたが、“永遠の少年たち”の心をわしづかみにし、常設店とあいなったそうです。その「怪獣酒場」の都内初店舗となる「怪獣酒場 新橋蒸溜所」が、5月21日(日)にオープンしました。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」は、サラリーマンの聖地・新橋駅から直結の商業施設「ウィング新橋」の地下1階に位置。「洞窟の中に造られた怪獣たちの秘密の蒸溜所をそのまま酒場として開放している」とのことで、こちらではメフィラス星人が店長を務めます。

「怪獣たちのいにしえの技術により精製された蒸溜酒や料理で人間をとりこにすることでしょう」と店長が自信をのぞかせる「怪獣酒場 新橋蒸溜所」は、その名のとおり、蒸溜酒、蒸溜酒にあうおつまみが充実!

オリジナルの「地球征服ハイボール」(630円、以下すべて税抜)はマストオーダーといっていいでしょう。ウルトラマンベリアルのボディデザイングラスが持ち帰れる「ウルトラマンベリアルのダークサイド・ホップ」(1900円)も心ひかれます。

クドンの大好物である怪獣ツインテールを模した川崎店の人気メニュー「ツインテールフライ」を食べやすくサンドイッチにした「グドンも歓喜! 特製ツインテールカツサンド」(1380円)や、バルタン星人のハサミを模した器に入った「バルタン星人からの1品~熱々蟹味噌グラタン~」(980円)など、フードメニューも思わず写真を撮りたくなるようなものばかり。

「合体! ギラス兄弟 2色のラムチョップ」(1880円)や「ペロリンガ星人のサイケデリック・カレー」(780円)なんてメニューも気になります。

 

■ここでしか買えないグッズも充実

さて、この「怪獣酒場 新橋蒸溜所」ですが、当たり前といえば当たり前ですが、防衛隊関係者やウルトラ戦士に変身できる人は入店できません。川崎の店舗同様、入口には「ジャミラの真実の口」があり、こちらに手を突っ込んで、地球防衛隊員やウルトラ戦士に変身できる能力があると判定されなかった人だけが店内へと入ることができるのです。もしウルトラ戦士に変身できる人が手を入れた場合、抜けなくなってしまうといううわさも。ちょっとどきどきしますね、これ。

店内には怪獣のフィギュアや石像、壁面には、宇宙人・怪獣連合の蒸溜酒を最初に完成させた、バルタン星人やメフィラス星人、メトロン星人をたたえたステンドグラス装飾なんかもあって思わずきょろきょろしてしまいます。

©円谷プロ

大きな蒸溜釜もありました。どうやらマシュラの元となったキノコ(お化けキノコ)やミロガンダの赤い花からエキスを抽出しているようです……。

また、誕生月の人だけが入室できる隠し部屋「メフィラス星人の決断の部屋」もあるそうです。川崎店には「秘密の部屋」があり、ここに「秘密」を書いて張っていくお客さんも多いとか。なかには「今度こそ会社を辞める」など、かなり切実な思いを吐露する人も多いそうですが、新橋でもみなさん、ここに「決断」を記すことになるのでしょうか。

ロゴTシャツ(3000円)など、怪獣酒場でしか買えないアイテムも含め、グッズ類も充実。

バルタン星人のハサミ型トング(1000円)とか、ちょっとしたプレゼントにしても受けそうです。


なお、基本的に「地球人の利用時間」には、怪獣たちは登場しませんが、イベント開催時やお忍びで姿を現すこともあるそうです。

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」
住所:〒105-0004 東京都港区新橋2丁目東口地下街1号 京急ショッピングプラザ・ウィング新橋
電話番号:03-6228-5355
営業時間:月~土 11:00~23:30、日・祝11:00~23:00
(フードは閉店の1時間前、ドリンクは閉店の30分前がラストオーダー)
定休日:施設の休業日に準じる

 

(取材・文/長谷川あや

はせがわあや/エディター・ライター はせがわあや/エディター・ライター

出版社でスポーツ誌の編集に携わった後、フリーに。現在は、各種媒体に、食、旅、アート、エンタメなど、ライフスタイル系の記事を寄稿。雑誌・広報誌等の編集にも携わる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング