緩いような緩くないような「中国ネット事情」ホントのところ

GOTRIP! / 2014年9月20日 7時0分

3635065646_0ce2064910_b

こんにちわ。シンガポール在住ライター猫手舎、なのですが今回は中国のネット事情についてのお話です。

中国といえば、いわゆる「グレートファイアウォール」によって国内から外国サイトの閲覧を検閲・ブロックしていることは有名です。特にFacebookやGoogleの各サービスなどが使えないということで、引っ越しや旅行で長期滞在する人に恐れられているのですが、実際には中国在住邦人は「VPN」という有料サービスを使って普通のネットライフを送っています。

VPNは日本国内限定のWEBサービス(HuluやNHKオンライン他)を海外から見る時にも使えるので、中国以外の国に住む人にもけっこう知られたサービスです。

しかしこのVPNがあれば無問題かというと、そうでもないのが中国の中国たるところ。

上海在住8年の友人に聞いたところによると、回線がISDNなみに遅い上に極めて不安定で、日によっては全く繋がらない日もあるそう。この原因には基本的なインフラの問題もあるのですが、政府がネットのつながり具合をコントロールしているという部分も大いに影響しているのだとか。

特に天安門事件があった6月4日の前後は政府の検閲が厳しくなり、ほぼネットが使えない状態にまでなるそうです。

友人が頭を悩ませているのは、つい最近LINEが検閲対象になったこと。

仕事でもプライベートでも連絡の基本はLINEだったのがある日突然ブロックされてしまったそうです。在住者の間では、集団的自衛権の閣議決定が原因ではないかとまことしやかに噂されているようですが、今後日中関係の悪化によってはネットだけでなく在住自体の自由も制限されていくなんてことも、ない話ではないなあと思ってしまいます。

余談ですが、シンガポールも公には出版物その他の検閲が厳しいことで知られた国。ネットだってちゃんと制限されています。その証拠に、海外の無料エロ動画サイトにはVPNを使わないとつながりません。一方で中国ではそっち方面は意外とゆるいようです。

なんでこんなことを知っているかはつっこまないでください。

(松下祥子@猫手舎)

10516926_10152265304672825_473855922_n-1

GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア - タビィコム

トピックスRSS

ランキング