まるでラピュタの世界…ロンドン中心部の巨大文化施設にある温室「バービカン・コンサバトリー」

GOTRIP! / 2019年4月27日 11時30分

ロンドン中心部の金融街「シティ(City)」に隣接する「バービカン・センター(Barbican Centre)」は、1965~76年にかけて建設された巨大集合住宅「バービカン・エステート(Barbican Estate)」内に、1982年にオープンした複合文化施設です。

日本でいうところの市民会館のような存在で、劇場、映画館、アート・ギャラリー、学校、図書館などの文化施設が一堂に会しています。

同地の特徴は何と言っても、歴史を感じさせるレンガ造りの建物や急ピッチで建設が相次ぐ高層ビルが並ぶロンドンの景色の中で異様を放つ「ブルータリスト(またはブルータリズム)建築(Brutalist/Brutalism architecture)」。

「粗暴な、荒々しい」などの意味を持つ「ブルータル(Brutal)」が語源のブルータリスト建築は、1950~60年代に流行した建築様式で、学校や市役所、文化施設など公共の建物に多く取り入れられており、打放しコンクリートを多用した重厚で無機質なデザインが特徴です。

そんなバービカン・センターの中で、最近インスタ世代に人気を博しているのが、日曜限定(※)で開園しているロンドンで二番目の規模を誇る温室「バービカン・コンサバトリー(Barbican Conservatory)」です。

人気を博している理由は行って見れば一目瞭然。年月をかけて成長したむせ返るようなツタや南国の草花が、それに相対するように無機質なコンクリート造りの植え込みやバルコニーを覆うようにして生い茂り、とにかくどこを切り取っても絵になるのです。

まるで過去を見ているような、廃墟となりゆく近未来を見ているような、不思議な世界に足を踏み入れた気分に陥ります。

そして、その廃墟感はスタジオジブリの名作アニメ映画「天空の城ラピュタ」のラピュタ城を想起させる、儚げな美しさを放っています。

渡り廊下や小さな池にかかる橋を渡るときは冒険気分。大人も子供も皆楽しそうな表情を浮かべ、写真撮影に余念がありません。

一年を通して様々な植物を観察することができます。

サボテンや多肉植物のコレクションも豊富。

上から見下ろすとまた違った景色が楽しめます。

そして、なんと温室の中でアフタヌーン・ティーを楽しむこともできるんです。(時期限定、要予約、1人35ポンド)

植物園が好きな人だけでなく、建築ファンや廃墟ファンにもオススメしたいバービカン・コンサバトリー。ロンドン旅行の際はちょっと変わった名所として、訪問先に加えてみては?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 バービカン・コンサバトリー Barbican Conservatory
住所 Barbican Centre, Silk Street, London EC2Y 8DS
開園日時 基本的には毎週日曜日、午後12時~午後5時
※イベントなどで開園しない、または日曜以外の祝日に開園する場合もあるので、ウェブサイトで要確認
https://www.barbican.org.uk/whats-on/2019/event/conservatory

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング