【世界で楽しめるニッポン】現地在住者が勧めるデンマーク・コペンハーゲンの桜の名所「ランゲリニー公園(Langelinie Park)」

GOTRIP! / 2019年4月27日 6時30分

日本人が最も好きな花のひとつ、「桜」。

早咲きする河津桜(カワヅザクラ)から、代表格の染井吉野(ソメイヨシノ)、そしてソメイヨシノから遅れて咲く八重桜(ヤエザクラ)など、早ければ2月から5月頃まで全国で楽しめる桜のお花見は、日本人なら大好きな春の行事の1つに違いありません。

桜を愛でる文化の始まりは、奈良時代(710年から794年)頃からと言われていますが、奈良時代当時の「花見」は梅が主流でした。平安時代(794年から1185年)以降は、梅より桜を愛でる方が主流になります。

そんな長い歴史を持った「花見」は、現在では海外でも人気になってきています。

日本から飛行機で11時間半ほどの北欧の国デンマークも「花見」に魅了されている国の一つです。

デンマークの北に位置するコペンハーゲンでは、4月末から5月初め頃まで桜を楽しむことができますが、コペンハーゲンで桜が見られるのは現在3ヶ所。

日本人にも馴染みのある、人魚姫の像がある公園「ランゲリーニー公園(Langelinie Park)」に、ビスペベルグ墓地(Bispebjerg Cemetery)、そしてコペンハーゲンの植物園(Botanic garden)の3ヶ所となっています。

今回はその中から、桜祭りも開催される「ランゲリーニ公園」の桜をご紹介しましょう。

ランゲリニーという名前は17世紀から使われるようになったようですが、日本語に直訳すると「長い線(英語ではLong Line)」という意味です。

現在は、一般開放されている美しく平和的なランゲリニー公園ですが、長い間軍事基地だったため、かつては一般人には開放されていませんでした。

現在このランゲリーニ公園には、広島県広島市のベーカリーショップであるアンデルセンが寄贈した200本の桜が植えてあり、2008年から毎年桜の咲く時期に桜祭りを開催が開催されています。

ランゲリニー公園で行われる今年2019年度の桜祭りは、明日4月27日から4月28日。

ボランティア団体による日本の文化紹介や日本食レストランの出張出店などが立ち並び、少し寒い北欧のコペンハーゲンで非常に華やかな春を楽しむ事ができます。

もし運よくコペンハーゲンにいらっしゃる方は、海外での美しい桜を楽しむのはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 ランゲリニー公園(Langelinie Park)
所在地 Langeliniekaj 2, 2100 Copenhagen
開放時間 24時間

アンデルセンのホームページ https://www.andersen.co.jp/ 

コペンハーゲンのイベント情報(コペンハーゲン・桜フェスティバル) https://sakurafestival.dk/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング