マレーシア・マラッカの手作り伝統菓子屋さん ババ・チャーリー・ニョニャ・ケーキ

GOTRIP! / 2019年5月30日 6時30分

マラッカ(またはムラカ)はマレーシア南西岸に位置するマラッカ州の州都であり、古くから交易で栄えた世界遺産の街でもあります。

この街を訪れたら、ぜひ味わってみたいのが、米粉やパームシュガーなどを使った素朴な伝統菓子「クエ」です。クエ(Kuih)は、マレーシア語でお菓子の意味。

今回紹介するのは、マラッカの有名な手作り伝統菓子屋さん「ババ・チャーリー・ニョニャ・ケーキ(Baba Charlie Nyonya Cake)」です。

(19世紀後半までにマレーシアに移住した中華系移民男性が現地の女性と結婚し、生まれた子孫のことをプラナカンと言いますが、その子孫のうち、男児をババ、女児をニョニャと呼びます。)

1988年創業のババ・チャーリー・ニョニャ・ケーキは、もともとはマラッカのナイトマーケットで手作りのお菓子や餅を売っていたそうです。現在は商品を製造・販売するショップと飲食ができるカフェの2店舗を営むほか、ホテルや結婚式場などにもお菓子を卸しているとのこと。

お店の中では、数名の女性が昔ながらの方法でクエを作っています。上写真は、塊のパームシュガーをすりおろしているところ。ヤシ類から採取できる砂糖であるパームシュガーは、黒糖にも似たコクのある素朴な甘さが特徴です。

もち米とパンダンリーフ(ハーブの一種)の汁、パームシュガーを混ぜた緑色の生地の中央にパームシュガーのペーストを入れて、手際よく一口サイズに丸めていきます。餡の入ったおまんじゅうのようですね。

それを熱湯で茹でて、仕上げにココナッツをまぶせば、伝統菓子「オンデオンデ」のできあがり。

こうして作られたお菓子は、パックに詰められ、店内で販売されます。

所狭しと並べられるカラフルなクエ。詰め合わせもバラ売りもあり、好きなものを好きな個数買えるところは、まるで昔ながらの日本の和菓子屋さんのよう。

こちらの工房では製造販売のみを行っており、イートインはできませんが、近くにある「ババ・チャーリー・ニョニャ・カフェ(Baba Charlie Nyonya Café)」へ行けば、作りたてのニョニャ・ケーキをその場で食べることができます。

早速、ババ・チャーリー・ニョニャ・カフェを訪ねてみました。

こちらでは通常の食事のほか、クエとお茶でティータイムを楽しむことができます。

今回はこちらでさまざまなクエを試食してきました。(上写真は取材用に並べていただいたもので、通常はこのようなブッフェスタイルではありません。)

先ほど工房で製造工程を見た「オンデオンデ」。なんとなく草餅を連想します。

バナナとココナッツのパンケーキと、ドリアンの入ったケーキ。

ういろうを思わせる柔らかい米粉のお菓子。青い色はマメ科の植物バタフライピーの汁で染めているそう。なめらかな質感のものもあれば、もち米の粒感の残ったものもあります。

甘辛く煮てほぐした魚を入れたちまきのようなお菓子。

筆者は、ドリアンのパンケーキだけは独特な風味がして苦手でしたが、手前のお皿にあるういろうのようなクエは和食感もなじみ深く、黄色の部分はコーン、茶色の部分はパームシュガーと、素材の味が感じられて、気に入りました。

また、工房で製造の様子を見てきた「オンデオンデ」は、ぱくっと口に放り込み、歯を立てると、液状になったパームシュガーが口いっぱいに広がるのが美味。小さめサイズということもあって、立て続けに3つも食べてしまったほど、おいしかったです。

これらのクエは店内で販売されており、テイクアウトすることも、店内で食べることもできます。

バラ売りのクエは1個1~1.2リンギット(30円強)、複数入ったパックが3.5~5.3リンギット(100円~150円程度)とお手頃価格です。気取らない、昔ながらのお菓子といったところでしょうか。

好みのクエを選んでトレイに載せていく地元の女性客を見ていると、和菓子店でおだんごや大福をおやつに買い求める日本の女性と何も変わらないな、と感じます。

そこに暮らす人々の生活とともにあり、長く愛され続けている素朴な手作りのクエたち。マレーシア・マラッカへ行ったら、ぜひ味わってみてください。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

店名 ババ・チャーリー・ニョニャ・ケーキ Charlie Nyonya Cake
所在地 72 Lorong Tengkera Pantai 2C 75200 Melaka, マレーシア

店名 ババ・チャーリー・ニョニャ・カフェ Baba Charlie Nyonya Café
所在地 631, Jalan Siantan Sek 2 Taman Siantan Seksyen 2 75200 Melaka, マレーシア

公式サイト http://nyonyacake.blogspot.com/
Facebookページ https://www.facebook.com/babacharlienyonyacake/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング