【世界のお城】水に浮かぶモーリッツブルク城へ、ドイツ・ドレスデンからSLの旅

GOTRIP! / 2019年5月20日 6時30分

「エルベ川のフィレンツェ」「百塔の街」など、数々の異名をほしいままにしてきた、東ドイツの古都ドレスデン。壮麗なバロック建築がひしめき合うドレスデン旧市街はもとより、日帰りで足を運べる近郊エリアにも、魅力あふれるスポットがあります。

そのひとつが、水上に浮かんでいるかのようなモーリッツブルク城。1546年にザクセン公モーリッツによって狩猟の館として建てられたもので、現在は博物館として公開されています。

ドレスデンからの日帰り旅行なら、ドレスデン・ノイシュタット駅からバスを利用するのが最も手軽な方法ですが、ぜひ一度は体験してみてほしいのが、森の中を走り抜けるSL旅。

ドレスデン郊外には、130年以上の歴史を持つSL(蒸気機関車)「レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)」が、今も現役で走っているのです。

レスニッツグルント鉄道の運行区間は、全長16.6km。途中11カ所に停車しながら、森や住宅街の中をガタゴト走ります。非日常にどっぷり浸かれるレトロな列車旅は、鉄道ファンならずとも特別な体験になること間違いなし。

レスニッツグルント鉄道の発車駅は、ドレスデン中央駅からSバーン(近郊列車)で8~15分のところにある「ラーデボイル・オスト(Radebeul Ost)」。そこからSLのレスニッツグルント鉄道に乗り換えて、ラーデボイル・オスト駅からモーリッツブルク駅までは、所要約30分。モーリッツブルク駅からモーリッツブルク城までは、徒歩20分程度です。

SLは本数が少ないため、往路はレスニッツグルント鉄道、復路はバスなど、往復のうちどちらか一方に乗車するといいでしょう。レスニッツグルント鉄道の切符は車内で購入することができますが、独自の料金体系を採用しているため、ジャーマンレイルパスなどは利用できないのでご注意を。

発車駅のラーデボイル・オスト駅はまだ森の中ではなく、住宅街。黒い車体が引っ張る緑の車両に乗り込んだら、プチ冒険の始まりです。

屋内席もありますが、天気が悪くなければより臨場感を楽しめるオープン席がおすすめ。ここでは、民家のすぐそばをレトロなSLが走り抜ける光景が当たり前になっています。

しばらく走っているとだんだん風景が森へと変わっていき、市街地から遠ざかっているのを感じます。緑に囲まれて白煙を上げながら走るSL・・・ドレスデン近郊でこんな体験ができるだなんて、思ってもみませんでした。

30分のSL旅を経て、目的地のモーリッツブルク駅へ。多くの観光客が利用する駅だけに、グリーンの可愛らしい駅舎があり、レスニッツグルント鉄道のオリジナルグッズも販売されています。

駅から20分ほど歩けば、自然保護区の中にたたずむモーリッツブルク城へ到着。モーリッツブルク駅から城までは、ほとんど真っすぐなので迷う心配はありません。

もともと、ザクセン公モーリッツの狩猟の館として建造されたモーリッツブルク城。当初はルネッサンス様式でしたが、1723年から1733年にかけて、アウグスト強王の手でバロック様式の狩猟館兼離宮に改築され、現在の姿となりました。

周囲を大小30もの池や庭園に囲まれており、城そのものだけでなく、それを取り巻く建物や島までも左右対称に造られているというこだわりぶり。人工池の対岸から眺める城の姿は、水上に浮かんでいるかのように幻想的です。

現在バロック博物館として公開されている館内では、世界最大といわれるものを含む、65もの赤鹿の角が展示されている食堂や、数万枚もの鳥の羽で作られたタペストリーなどが見どころ。芸術を愛したアウグスト強王が完成させた、華麗なる空間を堪能してください。

SL乗車とバロック宮殿という、2つの非日常体験が楽しめるモーリッツブルク。ドレスデンを旅するなら、日帰りで足を運んでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

レスニッツグルント鉄道(Lößnitzgrundbahn)
レスニッツグルント鉄道公式ホームページ https://www.loessnitzgrundbahn.de/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング