行列嫌いのトルコ人が行列を作る絶品のトルコ風肉団子のお店とは? / トルコ・イスタンブールが誇る1893年創業のキョフテ専門店「フィリベ・キョフテジシ」

GOTRIP! / 2019年9月5日 6時30分

みなさんはキョフテという料理をご存知ですか?

キョフテは、中東をはじめ、南アジアでも食べられているトルコ風の肉団子のような食べ物です。地域によって若干の差はありますが、牛肉や羊肉の挽肉に香辛料やタマネギを加えて作られるのが一般的なキョフテです。

トルコでは、美味しい肉料理といえばケバブが有名ですが、実はこのキョフテも有名です。

トルコでは街の至るところにキョフテ専門のレストランが存在するほどキョフテはトルコ人に愛されている料理であり、ロカンタという庶民の大衆食堂などの専門店以外でも提供されているほど、一般的で人気のあるメニュー、それがキョフテなのです。

さて、そんな数あるキョフテ専門店の中でも、トルコ・イスタンブールの人々に特に人気のお店が今回ご紹介する1893年創業の老舗キョフテ専門店「フィリベ・キョフテジシ」です。

「フィリベ・キョフテジシ」は、イスタンブールの旧市街、シルケジというエリアにあります。

お店の名前にあるフィリベとは現在のブルガリア中部に位置するブルガリア第2の都市・プロヴディフのこと。

それゆえ、お店の名前が示す通り、バルカン半島特有の小ぶりの平べったいキョフテが提供されています。

こちらのお店、非常に人気のお店となっているため、お店の開店時間である11時には多くのお客がなだれ込み、お昼前には2階の座席も含めて、全ての座席が満席になってしまうほど。

もちろん、そのほとんどのお客がこぞって注文するのは、このお店の名物のキョフテ。

お店の入り口の右手側にある大きな炉端で、職人が手際よく、そして程よい焼き加減でどんどんお肉を焼いていきます。

店内はもちろん、お店の外にまでお肉のジューシーな香りが充満していて、それに惹きつけられるように、お客がどんどん入ってきます。

こちらのお店では、オーダーをすませると10分程度で、美味しそうなキョフテがテーブルに運ばれてきます。

直径3~4センチくらいの小ぶりのキョフテですが、ひとくち味わえばそのパンチのある味わいに驚くかもしれません。

多種多様なスパイスなどでしっかりと下味がつけられているキョフテは、非常にジューシーでありながら、スパイスの香り高い逸品。

肉汁たっぷりの濃厚なキョフテは、さっぱりしたサラダと合わせてもいいですし、食べ放題のパンとも相性抜群です。(トルコのレストランではパンは食べ放題のところが多いです。)

フィリベ・キョフテジシは旧市街を走るトラムT1線のシルケジ駅、マルマライ線のシルケジ駅から徒歩5分ほどのところにあり、観光の合間に気軽に立ち寄ることができます。

トルコで本格的な肉料理、特にキョフテが食べたくなったら、地元の人や旅行者からも長年愛されるフィリベ・キョフテジシに足を運んでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 フィリベ・キョフテジシ(Filibe Köftecisi)
所在地 Hoca Paşa, Hoca Paşa Sk. No:3, 34112 Fatih/İstanbul
電話 +90-212-519-3976

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング