【日本洋食紀行】滋賀県彦根市が誇る唯一無二の絶品ハンバーグを味わえるお店「スイス」とは?

GOTRIP! / 2019年11月3日 6時30分

1868年(明治元年)9月8日、一世一元の制を定められたうえで、明治と改元されたことによって始まった明治時代。

そんな明治の時代には多くの海外の文化が流入し、それによって、日本においても多くの発明や技術発展が勃興します。

そんな急激な西洋化が進む日本において、今なお多くの人々に愛されている、ある画期的なグルメが誕生します。

それが日本が世界に誇るべきグルメの1つ、洋食。

トンカツ、オムライス、カキフライ、エビフライ、ハヤシライスなど、誰もが知っているこれらの代表的な洋食メニューは、実は1895年(明治28年)に銀座ガス灯通りに創業した1軒のフランス料理店「煉瓦亭」から生まれ、以降、多くの人々に愛されることになります。

そして明治に生まれた画期的な洋食メニューは、時代を超え、距離を超え、日本各地で大きく広がり、その土地土地でさらに多くの人々から愛されることで、独自の洋食文化の花を開花させ、今なお多くの人々に愛されつづけています。

例えば、広島が誇る美味しい老舗洋食店「ますゐ」で愛され続けている「サービスとんかつ」に、古都・金沢が誇る「グリル・オーツカ」の「ハントンライス」、そして大阪ミナミがほこる老舗洋食店「重亭」の「ハンバーグステーキ」、さらには福井が誇る「ヨーロッパ軒総本店」の「ソースカツ丼」や、福岡が誇る「ブラジレイロ」の絶品「ミンチカツレツ」、そして京都市左京区岡崎の「グリル子宝」の絶品「オムライス」などなど、数え上げれば枚挙がないほどです。

そんな日本各地に存在する美味しい洋食店の中から、今回は滋賀県彦根市に存在する絶品ハンバーグを味わえる洋食店をご紹介しましょう。

お店の名前は「スイス」です。

・1972年(昭和47年)創業の老舗洋食店、それがスイス

こちらのお店、1972年(昭和47年)創業の老舗洋食店。

1972年(昭和47年)といえば、第1次田中角栄内閣がスタートし日本列島改造と日中国交回復が国政の大きなテーマとなった年。

浅間山荘事件やテルアビブ空港乱射事件などの日本赤軍によるテロ事件が勃発した反面、日本人の海外旅行者は100万人を突破、さらに沖縄が日本本土に復帰するなど、様々な社会的な変革がもたらされていた時代。

そんな時代に生まれた美味しい洋食店は、今なお多くの彦根市民に愛される味わいを提供し続けています。
IMG_1441

・最高のハンバーグ
こちらのお店には様々なメニューが存在していますが、多くの人々がオーダーするのがこちらのお店のハンバーグ。

ワンコイン(500円)で鉄板焼きの本格的なハンバーグを味わえる洋食店は、日本全国に多くの洋食店があると言っても、なかなか探すのは難しいかもしれません。
IMG_0795
IMG_0789

熱々の焼きたてで提供されるハンバーグは、ジュージューと言う音と共に、かぐわしく美味しい香りを放っています。
IMG_1431

ハンバーグが提供されたら、まずはそのままの味わいを楽しんでみてください。

熱々の美味しいハンバーグは濃厚なウマミをたっぷりとたたえており、おおぶりの玉ねぎの食感と味わいが非常に嬉しい逸品に仕上がっています。

噛みしめる度に広がっていく豊かな牛肉のウマミと豚肉のウマミは非常に濃厚で、そのままの味わいだけでも非常に満足度の高い一品になっています。
IMG_1433

そんな美味しいハンバーグと一緒に目玉焼きを載せたり、卓上のソースをプラスしたり…… これ以上言葉の表現が必要ないほどの美味しさを堪能できます。
IMG_1434

もし滋賀県彦根市を訪れることがあるのであれば、こちらの老舗洋食店でジューシーで肉のウマミをダイレクトに味わえる、最高のハンバーグを味わってみてはいかがでしょうか?

きっとそこには、この場所だからこそ味わえる、唯一無二の絶品ハンバーグがあるに違いありません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 スイス
住所 滋賀県彦根市中藪町598-2
営業時間  11:00~15:00 / 17:30~22:30
定休日 毎週月曜日

IMG_0783

IMG_1443

IMG_0794

IMG_0793

IMG_1432

IMG_1428

IMG_1442

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング