1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ヨーグルトに付いていた砂糖(フロストシュガー)がいつの間にかなくなった理由

ハルメクWEB / 2021年5月16日 18時50分

写真

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

小腹がすいたので、冷蔵庫に入っていたプレーンヨーグルトにお気に入りのジャムを入れて食べたところです(おいしかった!)。

食べながら思い出したのですが、昔のヨーグルトって、ふたを開けると砂糖のパックが付いていましたよね。冷たいヨーグルトにサッと溶けて、もし余っても料理に使えて便利だったのに、なぜ今は付いていないのかしら? 気になったので調べてみました!

ヨーグルトに付いていた砂糖が消えた理由


砂糖のパックが付いたヨーグルトがなくなったのは、2008年頃からだそう。

ヨーグルトといえば、明治、雪印、森永がよく知られていますが、現在は3社とも、プレーンヨーグルトに砂糖を添付するのを終了しています。

その理由は、「砂糖が余ってしまう」という消費者からの声が多かったからなんですって。背景には、ヨーグルトの食べ方が多様化したことがあるようです。

確かに、市販のジャムやフルーツソースの種類が豊富になった今、ヨーグルトの食べ方もバリエーションが増えました。砂糖を掛ける以外の食べ方がいろいろありますものね……。

また、健康志向の高まりから、カロリーを控えめにするため、何も加えずにヨーグルトを食べる人も、以前よりずっと増えているよう。

つまり、ヨーグルトにとって砂糖という存在は、時代とともに必要ではなくなったのでしょう。

砂糖の添付を終了した際、各社ともプレーンヨーグルトを以前よりも「まろやかな味わい」へとリニューアルしています。プレーンヨーグルト特有の「酸っぱさ」が好きだった人にとっては、少し物足りないかもれませんね。

ヨーグルトに付いていた砂糖の正体とは?


せっかくなので、ヨーグルトに付いていた砂糖の種類についても、調べてみました。てっきり粉砂糖だと思っていましたが、これは日新製糖が開発、製品化した「フロストシュガー」といい、グラニュー糖を特殊加工して作られたものでした。

フロストシュガーは、ヨーグルトだけでなく、お菓子やパン作り、またグラニュー糖の約3分の1の時間で冷たい水に溶けるため、飲料用に広く使われています。他にも、湿気に強くて固まりづらい、食品の香りを保持する、他の粉類と混ざりやすい、泡が立ちやすいといった特徴を持っています。

調べているうちに、あの砂糖をたっぷり掛けたヨーグルトが無性に食べたくなってしまいました……。今度フロストシュガーを買ってみようかしら♪

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング