台湾人は行きつけの漢方薬局がある!インスタグラマー・哈利さん行きつけの薬局〈六安堂國藥號〉へ。

Hanako.tokyo / 2020年12月27日 18時0分

台湾人は行きつけの漢方薬局がある!インスタグラマー・哈利さん行きつけの薬局〈六安堂國藥號〉へ。

お料理のスパイスから、体の不調の相談まで、台湾人には行きつけの漢方薬局があります。今回は、台湾で活躍するインスタグラマー・哈利(ハリー)さん行きつけの薬局〈六安堂國藥號(リョウアンタンゴウヤオハオ)〉を訪れました。

行きつけの漢方薬局は、暮らしの相談相手でもある。

薬の棚に生薬がぎっしり。人それぞれの処方がある。

ハリーさんの買い物のルーティンは、新鮮な食材なら東三水街市場(ドンサンシュイジェシーチャン)と南門市場(ナンメンシーチャン)などの市場へ。漢方食材はなじみの漢方薬局と決まっている。「山椒、コショウなどの香辛料は、漢方薬局の方が質のいいものが手に入ります。漢方薬局のオーナーさんとの雑談でも勉強になりますし」とハリーさんは言う。



疲れたときには十全大補湯。ケイヒ、シャクヤク、カンゾウなど10種類の生薬が入った漢方薬。疲労やだるさ、体の冷えなどに効果があるとされている。1包1日分、200元。



免疫力を養う安迪湯。インフルエンザが流行する季節に体が強くなるように煎じて飲む人が多い。30分ほど煮出したらそのまま飲んで免疫力を養おう。1包1日分、50元。



手軽な酸梅湯。青梅のジュースとして広く飲まれる漢方薬。食欲がなかったり、肉をたくさん食べたときなど、消化を促すために飲むといい。(こちらは別の薬局のもの)

漢方薬局は台湾の街中にあるが、中でも有名なのが台北の迪化街(ディーファージェ)だ。20世紀の初頭から、台湾全土から乾物、漢方薬、布などを扱う商店が集まる商業エリアとして発展した。生薬は難易度が高いが、店先にスープキットも並んでいるので、日本人でも気軽に買い物ができる。台湾では日本のかかりつけ医のように、小さい頃から親しんでいる漢方薬局を持つ人が多い。また、大抵の家庭の冷蔵庫には漢方専門のパックが常備されている。体の調子に合わせて煎じたり、スープに入れたりと、自然に漢方薬を使っているのだ。

特に有名なのは鶏肉を煮込んだスープ。各家庭ごとに味付けが異なっているという。もちろん、お茶でも漢方を取り入れる。菊花茶はその代表格で、そのままお湯を入れて飲んでもいいし、緑茶などとブレンドしても合う。目の疲れなどに作用があるとされている。こんなふうに漢方は、空気のように毎日の生活の中に流れて、みんなの健康をそっと支えてくれている。漢方は、台湾人にとってなくてはならない存在なのだ。

〈六安堂國藥號(リョウアンタンゴウヤオハオ)〉

開業40年以上。薬膳スープキットも販売。漢方クリニック併設。
台北市中正區寧波西街9號
02-2391-4567
9:00~21:00(クリニック14:00~19:00 )日休

Navigator…哈利(ハリー)

台湾で活躍するライフスタイル系のインスタグラマー。日々の暮らしの様々をアップ。料理教室を開くことも。Instagram:@intiwang

※1元は029 3.66円です(2020年10月24日現在)。
(Hanako WELLNESS 免疫力アップBOOK掲載/photo:Zi-chieh lin text:Phoebe wang coordination:Chen Tsuiwen translation:deby tsai)

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング