1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

スイーツ芸人・スイーツなかのさんが今、注目しているスイーツとは?注目商品8つをピックアップ。

Hanako.tokyo / 2021年9月6日 18時0分

スイーツ芸人・スイーツなかのさんが今、注目しているスイーツとは?注目商品8つをピックアップ。

スイーツ芸人としてメディアで大活躍中のスイーツなかのさん。これまでに食べたスイーツはなんと1万種にも上るのだとか!今回はスイーツなかのさんがおすすめする極上のスイーツをご紹介。

1.〈Megan - bar&pâtisserie〉のTHE CHEESECAKEby Megan-Pistachio-/渋谷

あのチーズケーキ店から新作が登場。シチリア産ピスタチオペーストを使用したケーキに濃厚なチーズとココアクッキーがマッチ。相乗効果でピスタチオの風味を引き立てている。「濃厚なチーズケーキの舌触りと、ピスタチオの味わいと香りを同時に堪能できます」(スイーツなかのさん)。3,780円。

〈Megan - bar&pâtisserie〉
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷東急フードショー1F
03-3477-4670
10:00~20:00 不定休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada)

2.〈8ablish〉のピスタチオとレモンのクグロフ/青山

ヴィーガンスイーツ専門店の注目作がこちら。ピスタチオ生地に、防腐剤不使用のレモンを丸ごと煮込んだジャムを混ぜ込んで焼き上げたクグロフは、レモンゼストが絶妙なアクセントに。「ピスタチオの風味を生かし、レモンの爽やかさを兼ね備えたバランスが素晴らしい」(スイーツなかのさん)。4,104円。

〈8ablish〉
東京都港区南青山5-10-17 2F
03-6805-0597
11:00~20:00 火休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada)

3.〈パティスリーホソコシ〉のデリス ピスターシュ/西荻窪

ホワイトチョコレートが濃厚なピスタチオムースを引き立てるムースケーキ。グリオットチェリーのジュレと、ビスキュイショコラを重ねた3層が互いに存在価値を高める。「グリオットチェリー、チョコレートの存在感もありつつ、しっかりピスタチオを楽しめるバランスが絶妙」(スイーツなかのさん)。702円。

〈パティスリーホソコシ〉
東京都杉並区西荻南1-16-19
03-5344-9782
10:30~18:00 火水休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada)

4.〈ハナ菓子店〉のおおきな瀬戸田レモンケーキ

京都発の洋菓子店。レモンは広島県瀬戸田町産のものを使用。シトラス感を存分に出すために、アイシングにもたっぷり果汁を使用しているのがポイントだ。シンプルな食材だけで作りたいという思いから、ベーキングパウダーなどは使わず、北海道産のバターと薄力粉、卵の力だけでふんわり、きめ細かなスポンジを焼き上げる。「生地やアイシングからも心地よい爽やかさが味わえます」(スイーツなかのさん)。2,100円。

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Wataru Kitao, Miyu Yasuda, Noriko Yoshimura, Michi Murakami, Kenya Abe styling : Momoko Miyata text : Kimiko Yamada, Mako Yamato)

5.〈Quintessence〉のガトーオーコンテ

ミシュラン三ツ星を取り続ける岸田周三シェフが、8カ月の試行錯誤の末に生み出したチーズケーキは、“「これが答えだ」と言える”自信作。「ナッツの食感が心地いいタルトに爽やかで口あたり軽やかなレア、そして濃厚で力強いコンテチーズのベイクド。それぞれに意味を持たせた3層仕立てに、シェフの凄さを感じます」(スイーツなかのさん)。5,400円。

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Yuya Uemura)

6.〈Sestina〉のマリトッツォ オレンジ/立川

人気ブーランジェリー〈トラスパレンテ〉が手掛ける最新店。「マリトッツォ オレンジ」は、ふわふわのブリオッシュ生地に惜しみなく使ったオレンジピールが特徴。「クリームの中に忍ばせたほんのり苦味のあるマーマーレードジャムもいいアクセント」(スイーツなかのさん)。1個390円(テイクアウト)。〈トラスパレンテ中目黒〉でも購入可。

〈Sestina〉
東京都立川市緑町3-1 GREENSPRINGS 2F
042-595-7888
10:00~19:00 無休
36席

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI text : Kimiko Yamada)

7.〈Laekker〉のあんバター/代官山

行列覚悟のデニッシュ専門店。バターの香り豊かなパリパリの生地と北海道産小豆を使用した粒餡、バタークリームが織りなす至福の味わい。「イタリアンメレンゲを加えたクリームには軽さもあり、程よい塩気が餡の甘さを引き立てます」(スイーツなかのさん)。420円。

〈Laekker(レカー)〉
東京都渋谷区代官山町9-7 サンビューハイツ代官山03
10:00~17:00(なくなり次第終了)火水休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Asami Kumasaka)

8.〈BUNDY BAKE〉のコーヒーのともだち/西宮

兵庫県西宮市のコーヒーショップで展開されているクッキー缶。コーヒーとのペアリングを考えて作られたのがユニーク。お店のWebサイトには、6種類のクッキーそれぞれに合う〈BUNDYBEANS〉のコーヒーの紹介も。「缶の温かみのあるイラストも可愛いので、贈り物にも最適です」(スイーツなかのさん)。3,980円(送料込)。

〈BUNDY BAKE(バンディベイク)〉
兵庫県西宮市石刎町16-20 1F
0798-77-0373
10:00~19:00 月休

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI, Miyu Yasuda styling : Momoko Miyata text : Yuya Uemura)

Navigator…スイーツなかの

名店からコンビニスイーツまで、これまでに食べ歩いたスイーツは1万種以上。メディア出演をしながら百貨店の催事企画、商品監修も行う。特注のパンケーキハットがトレードマーク。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング