1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

寒い季節におすすめ!お鍋スタイルでいただく水餃子の作り方〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜

Hanako.tokyo / 2021年11月10日 12時0分

寒い季節におすすめ!お鍋スタイルでいただく水餃子の作り方〜徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々〜

〈クックパッド〉広報の徳成祐衣さんが、愛してやまない餃子の絶品おうちレシピやとっておきのお店を紹介する連載。第30回は、お鍋でいただく水餃子の作り方を紹介します。

肌寒くなってくると、私の食卓に登場し始めるのが「お鍋スタイルでいただく水餃子」。卓上コンロをテーブルの真ん中に出して、席に着きながら餃子を包み、クツクツと煮立つお湯の中に入れていきます。どんな水餃子でもいいのですが、ツルッとした食感や皮のおいしさが味わえるちょっと淡白な味の具を包むのが個人的には好きです。なかでもおすすめは、レンコンとひき肉、パクチーの水餃子。シャキシャキとした歯応えも加わり、たまらなくおいしいのです。

材料(餃子24個、2〜3人分)
れんこん…1節(170g程度)
パクチー…1束
豚ひき肉…150g
醤油…小さじ2
酒…大さじ1
しょうがのすりおろし…一片分
ごま油…小さじ1
塩…ひとつまみ
餃子の皮…24枚(あれば水餃子の皮を用意!)

【1】皮を剥いたれんこんと、パクチーをみじん切りにする。
【2】豚ひき肉に醤油、酒、しょうがのすりおろし、ごま油、塩の順に加え、都度よく練る。
【3】2にれんこんとパクチーを加え、さっと混ぜる。
【4】たっぷりの沸騰したお湯に包んだ餃子を入れて、3〜5分程度茹でる。

茹で上がった餃子を各々好きなタレにつけていただきます。ラー油、パクチー、黒酢、レモン…あれこれ試してお気に入りの組み合わせを発見するのもこれまた楽しい!宇都宮の水餃子スタイルのように、水餃子を茹でているお湯をお椀に取り、スープ餃子のようにして食べるのもいいですね。

鍋の素やたくさんの具材を用意しなくてもいいので、実はとても手軽。食べる合間にみんなで包めば、準備時間も削減できます。なんだかお家も加湿される気がするし…いいことづくめ!ご堪能あれ。

過去の連載はこちら


徳成祐衣の果てしなくギョーザな日々。 一覧

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください