ルームシェアをしたい人は誰? 部屋割りでわかる、あなたの隠れた人間関係

ハピズム / 2012年11月2日 8時0分

写真

 現在放送中の『テラスハウス』(フジテレビ系)。初めて会った6人の男女が、海辺にたたずむ一軒の家で共同生活を始め、そこで起こる出来事や人間関係の模様を描くバラエティ番組です。

 このように、マンションや一戸建てを借りて、何人かと「シェア生活」をする人たちが増えています。誰かと一緒に暮らすので、何かと助け合えたり、家に帰れば話し相手がいて、寂しい思いをすることは少ないでしょう。また、1人でワンルームの部屋を借りるよりも、広い部屋に安い家賃で住むことができるのも大きな利点。

 しかし、シェアメイトは他人です。人数が多ければ多いほど、気の合う人もいれば、いまいち性格が合わないという人も出てくるのは仕方ありません。また、いくら気心が知れた仲だとしても、他人と一緒に住むのは、時に気を使い、疲れることもあります。

 では、あなたがルームシェアをする時、誰としたいですか? また、部屋割りはどのようにしますか?

 あなたは大きな一軒家を借り、5人でルームシェアしようと計画しています。部屋は1人1部屋あります。家主であるあなたの部屋は、日当たりのいい2階の角部屋です。残りの部屋は4つ。各部屋に住んでほしい人をそれぞれ、男女問わず、身近にいる人から選んでみましょう。


A:あなたの隣の部屋
B:あなたのすぐ下の部屋
C:あなたの部屋から一番離れている部屋
D:玄関脇の狭くて窓もない物置のような部屋


 一緒に住む人ですから、家賃さえ払ってくれれば誰でもいいというわけにはいきません。そこには、何かこだわりがあるでしょう。実は、選んだ人をどの部屋に当てはめたかにより、その人があなたにとってどんな存在なのかがわかるのです。


A:あなたの隣の部屋……精神的に支えてくれる人
 隣の部屋に住んでほしい人は、落ち込んでいる時、そばにいてほしい人です。きっと、精神的な支えだと思っているでしょう。大切な人だからこそ、一番自分の近くに住んでほしいのです。いつもは冗談を言ってふざけ合っていても、いざとなった時に頼りたいのはこの人のはず。おそらくあなたは、この人なしでは生きていけません。そのくらい、かけがえのない存在です。

B:あなたのすぐ下の部屋……バカにしている人
 あなたは、ここに住んでほしいと選んだ人のことを、心の底でバカにしているのかもしれません。この人と比べたら、自分のほうが容姿も性格もいいし、勉強や仕事などもできる! ひそかにそう思っているでしょう。自分の部屋の真下に住んでほしいのは、何もかも自分が上だと、無意識のうちに思っているからです。この人と一緒にいると、あなたは優越感に浸れ、心地いいと感じているのでは?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング