「お父さん大好き女子」増殖は、ペニスへの憧れが原因! 近親相姦の歴史と心理学

ハピズム / 2013年3月13日 17時0分

写真

 最近若い女性の間で「お父さん大好き女子」が急増中だ、とメディアで話題だ。お父さんと腕を組んでデート、一緒にお風呂に入ったり、一緒の布団で眠ったり、チューやハグなどの濃厚なスキンシップも……。そして、「結婚するならお父さんみたいな人」「お父さんが好きすぎて彼氏なんかいらない、嫁にもいかない」とボルテージは上がり……。

■近親相姦の歴史を振り返る

 古代社会においては、親子兄弟姉妹などの近親婚は当たり前だった。たとえば、古代エジプトのラムセス2世は、3人の娘を自身の妻としている。また、ビルマの「カレン族」、アフリカの「アザンデ族」などでは、父と娘の結婚が許可されていたりと、近親婚が容認されていた文化もあるのは事実。

 さて、かつて日本には男が女の寝床に侵入して性交をする「夜這い」という文化があった。日本は元来、村中の男女に肉体関係があるようなフリーセックス状態で、性に対しては非常におおらかな民族だったのだ。そして、適当な初体験の相手がいない場合は、性教育の一環として、母親や父親が我が子の相手を務めることもあったという。しかし、現代社会においては大部分において、医学的・倫理的に近親婚はタブーとされており、日本においても、親子や兄弟姉妹などの近親婚は禁止されている。けれども、近親相姦を取り締まる法律まではなぜか制定されていないことも知っておきたい。

■ペニスがないことから劣等感を抱くエディプスコンプレックス

 近親相姦を語るうえで、心理学的に重要なのが、エディプスコンプレックスという、フロイトによる精神分析の用語だ。ギリシャ悲劇の最高傑作『オイディプス王』で、オイディプス王が父を殺して母と交わり、妻にするという近親相姦の話が語源となっている。エディプスコンプレックスによると、子どもは異性の親に対して、恋愛感情や性的な欲求を感じ、同姓の親を敵視するという。

 人間は誰しも潜在的にこの「エディプスコンプレックス」というものを持っているそうだ。女性の場合は、成長過程において自分にペニスがないことに気づき、「自分は人間として不完全なのだ!」という、一種の挫折や劣等感のようなものを抱く。そして、立派なペニスを持った父親に対して憧れを持ち、自分にペニスを与えてくれなかった母親を憎むようになるのだという。そして、自分のペニスを確保するために羨望する父親(男性)を母親から略奪し、父親の子を持ちたいという願望に変わるという……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング