口を見ればわかってしまう! 職場の上司・同僚・後輩との人間関係がうまくいく方法

ハピズム / 2013年3月28日 21時0分

 春は、新しい職場や環境など出会いが多い季節。初対面の人と会う時、相手がどんな性格なのか不安に感じることもあるでしょう。コミュニケーションは、誰でも同じ方法がいいとは限りません。その人に合った方法でなければ、かえってトラブルを引き起こしてしまう場合もあります。初対面でトラブルにならないよう、一目でわかる人相学を使って、相手の性格を判断するのも1つの手です。

 顔の中でも、「口」に注目! 「口」は言葉を発したり、食べ物を取り入れる大切な器官ですが、人相学では、「その人の意志」や、「対人関係で、どのような行動を取るか」などをあらわしています。では、人付き合いアップさせるために、周りの人の「口」を観察してみましょう。

■唇のしわが多い人……情熱的で愛情深い、真っ直ぐなタイプ
 愛情深い人です。唇にある縦じわは「歓待紋(かんたいもん)」といい、人気のある人にあらわれます。相手のことを考えて行動してくれるので、仲よくしておいたほうがいいタイプ。情熱的な性格なので、一生懸命努力する人が好きです。逆に、「何を考えているのかわからない」という喜怒哀楽がない人が苦手。「何か隠しごとがあるの?」と疑いの目を向けるでしょう。唇のしわが多い上司であれば、仕事への意欲を言葉や行動でわかりやすく表現するのがベスト。あなたへの評価が高まるはずです。

■口がぽかんとあいている人……おっとりした性格ゆえの、注意力散漫タイプ
 明るくて、おっとりした人です。裏で何かを企んでいる……という心配もなく、朗らかな性格といえるでしょう。人当たりもよく、敵もいないはずです。ただ、妄想癖があり、仕事中でも意識が別世界へ飛んでいってしまうなど、注意力が散漫になるときがあります。あなたが同じようにおっとりしたタイプなら、「口がぽかんとあいている人」は、よき理解者になってくれるでしょう。しかし、几帳面で完璧主義者なら、相談ごとなどはあまり持ち込まず、一定の距離をもって接しましょう。

■笑うと歯茎がみえる人……負けず嫌いで、上下関係にうるさいタイプ
 一見、おっとりしているように見えますが、かなりの負けず嫌いです。高い理想を持っていて、それを実現するために前向きに努力するタイプ。中途半端なことは嫌い。気性も激しい面があるので、意見が合わなくなると孤立しがちです。上下関係にもうるさいので、「笑うと歯茎がみえる人」が上司や先輩であれば、なれなれしい態度は禁物。相手を立てることを忘れずに。強い口調で言われても、「仕事は仕事」と受け流しましょう。問題が起きた時は、同意見の同僚や上司に相談したほうが解決します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ハピズム

トピックスRSS

ランキング