スピリチュアル女子大生CHIE、携帯待ち受けは狩野英孝!? 最旬開運待ち受け

ハピズム / 2013年4月16日 21時0分

写真

 スピリチュアル女子大生CHIEの冠番組『おしかけスピリチュアル』(テレビ東京)が、先週からスタートした。CHIEが会いたい芸能人のところに行き、スピリチュアル鑑定を行う番組だが、番組ホームページとTwitterで募集した、世の中の不思議な出来事や都市伝説などにCHIE本人が答えていくミニコーナー「おしえてCHIE袋」にも注目だ。

 第1回目の放送では、「ご利益のある携帯の画面ってあるんですか?」という疑問が紹介された。

 CHIEによると、待ち受けにすると運気が上がる、幸せな出来事が起きるといううわさがあるものを「あやかり待ち受け」といい、彼女自身も結構信じて実行し、実際にいいこともあるそうだ。

 あやかり待ち受け=ご利益のある携帯待ち受けは、2007年に美輪明宏の写真を壁紙にすると幸せが訪れると一大ブームに。以降、09年には明治神宮の「清正井」が幸せを運んでくると口コミで広がり、11年には、きゃりーぱみゅぱみゅの変顔写真を待受けにすると、好きな人と結ばれる、と若い女性の間で広まった。

 番組では、「今旬なあやかり待受けベスト3」として、以下が紹介されていた。

・第1位 東京・浅草にある今戸神社の招き猫
「宝くじが当たる」

・第2位 川島小鳥撮影・BEAMS「恋をしましょう」キャンペーンの写真
「すぐに彼氏でできる」

・第3位 美輪明宏の画像
「彼氏ができる、気になる人と両思いになれる」

 番組でインタビューに答えていた人の中には、あやかり待受けにしてから数カ月で恋人ができたという人も。また、第1位の今戸神社の神主さんは、「招き猫を携帯の待ち受けにしたら、宝くじが当たったと、実際に見せてくれた」という参拝客がいたと答えていた。

 なぜ、携帯の待ち受けにするだけで、こんなにも願いがかなうのだろうか?

「現代人にとって、携帯電話はなくてはならないアイテム。当人と直接会って話すよりも、SNS、メール、携帯電話を使ったコミュニケーションのが多いですよね。それらをする前、人は必ず携帯の待ち受け画面を見ます。無意識に見る映像や画像は潜在意識に働きかけやすく、壁紙に込められた『こうなりたい』という願いをすり込みやすいんです。そのため、意識的に行動しなくても、無意識に『こうなりたい』という状況になるように動いている。結果、願いがかないやすくなるんです」(開運ライター)

 ちなみに、CHIEの携帯の壁紙は「狩野英孝」。彼女本人が狩野の大ファンで壁紙にしたところ、嫌な人からの電話がかかってこなくなったそうだが、迷惑メールは増えたとか。過去、狩野の画像を壁紙にすると縁起がいいという話は聞いたことはないが、CHIEのこの発言で流行することもあるかもしれない。嫌な人から電話がかかってくる人は、一度試してみてはいかがだろうか。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング