キラキラネーム「束生夏」は、読み方とは裏腹に体調を崩しやすい名前!

ハピズム / 2013年5月14日 9時0分

写真

――日本中で、増えつつある「キラキラネーム」「DQNネーム

 名前は時代によって、使い方や呼び方が異なってきます。たとえば、『源氏物語』の紫式部。今の感覚では、「紫」が名字で、「式部」が名前……と思いがちです。しかし、実は、登場人物の「紫の上」という名前から「紫」と呼ばれ、「式部」は役職から名付けられました。『枕草子』の清少納言の場合は、「清」は清原姓が由来で、「少納言」は役職名です。役職も父親や親族のものであり、紫式部も清少納言も本名はわかりません。昔の名付けは、どこの生まれか、どんな身分だったかが重要だったようです。

 しかし、今はどんな名前でも付け放題。今回の「束生夏」も、なぞなぞのように、言葉遊びのおもしろさを実感できるでしょう。「生で食し、束になっていて、夏の時期をイメージさせるもの……」は何でしょうか?

<今回鑑定する名前>
「束生夏」

性別……男性の名前
読み……ばなな
22画……共感運
※画数は旧字体で数えています。 

読み難解度……★★★★☆
名前の運気……★★☆☆☆
オススメの名字……11画(例:松下、中村、米田など)、15画(例:野中、松谷、望月など)

■この名前の運気は?
 22画の名前の人は、共感力があり、感受性も強いでしょう。人に頼りにされると頑張り過ぎてしまい、体調を崩してしまうことも。寂しがりやの面があり、友だち思いでもあります。しかし、付き合う相手を間違えると、だまされたり、搾取されたりと不幸を呼びこんでしまうので、注意が必要です。築いたものを一瞬にして奪われることのないように、人を見る目を養いましょう。

 言霊診断でみると、「は」が名前の最初にくる人は、好奇心旺盛で、鋭敏な精神をもっています。「ば」と濁音がつく場合は、名前の持つ影響がさらに強まるでしょう。鋭敏過ぎるために、他者との触れ合いで悩むことも多く、自分の世界にこもることもありそう。人と触れ合いたいのに、うまくできないというジレンマ。それを解放してくれるのが、恋人の存在です。運命の相手に出会えたら、人との付き合い方も変化していく暗示です。

■どんな性格? 

 優しい性格ですが、甘えん坊。面倒見がよく、女性にも親切ですが、「自分がこれぐらいしたのだから、相手もしてくれて当然」という気持ちが強くなると、人間関係にトラブルが発生します。

 仕事運は、目標に向かって努力しますが、どちらかといえば、補佐的立場のほうがうまくいくでしょう。人と接する仕事が適しているので、サービス業や、福祉関係など向いています。ただし、体力的にきつい仕事だと中年以降に不安があります。

 恋愛においては外見重視ですが、結婚においては冷静に判断。金銭感覚や両親との相性などをみて、結婚相手を選ぶ傾向があるでしょう。

 よしもとばななさんは、バナナの花が好きだから、「ばなな」と名付けたようです。バナナの実は思い浮かべますが、花はなかなかわかりませんね。花も下に向かってぶらさがっている実のような花です。
(金森藍加)

ハピズム

トピックスRSS

ランキング