「安室に似すぎで怖い」 ざわちんのメイクがドッペルゲンガーの領域に突入!

ハピズム / 2013年8月8日 9時0分

写真

 キツネ、タヌキ、ムジナ……、日本には古来よりその身を化かす妖怪が多数存在するが、人間にもそのような技術を持つ者がいるという……。それは、メイクの達人たちだ。

 あいのりの桃、おかもとまりなど、メイクの業をブログで披露する芸能人は多い。その中で、新たなモノマネメイククイーンとして囁かれているのが、群馬県出身のざわちんである。群馬県といえば、一つ目小僧や大入道に化けて人間を驚かす狐の妖怪が有名だが、人々を驚かす能力に関しては、ざわちんも負けていない。果たしてざわちんは本当に人間なのだろうか……。

■ざわちんの脅威の細工術!!

 これまで板野友美や益若つばさ、辻希美、奈々緒、ローラ、桐谷美玲、舟山久美子(くみっきー)という数々の芸能人のものまねメイクを自身のブログで披露しているのだが、7月31日の安室奈美恵風のものまねメイクはさらなる反響を呼んだ。

 ブログのコメントには数々の驚きの声、絶賛の声が上がっており、「凄すぎる!」「素晴らしい完成度!!!ビックリ!ソックリ!です。」「安室ちゃん大ファンの立場から言わせていただきます。似てますwww リアルに安室ちゃんかと思いました。」とメイク一つで大変身できるざわちんに憧れを抱いている。

 これについてネットユーザー達の反応は、

「もはや神の領域。ホントに凄い…次は誰かな?」「最初はともちんの整形顔だから真似しやすいんでしょって思ってたけど、他の人にも似ててびっくりした。」「ここまで似せてたらメイク本出しても納得する。」とこちらでも高評価のようだ。

 しかし、一方では、ざわちんのメイクではなく、ざわちん自体の顔の素材やアプリについての意見をあげる人も。

「この人写真の撮り方がうまいよね。ほんとは顎長くて馬面。」「スッピン見てびっくりした。男顔だね。」という意見や、「この人は自撮りの天才だね。正面からとった顔ですら実物と違う。実物は顔小さくないし、肌もそんなに白くない。肌質はアプリで誤魔化せるけど、顔の小ささはどうしてるんだろう?」と、写メの取り方に対する興味を持つネットユーザーも多いようだ。

 また、メイク術の凄さから、世の女性に対する疑いを持つ人も……。

「同じ人がキャリーぱみゅぱみゅや奈々緒etcになってるとは…世間の人たちを疑ってしまう」と。

 確かに、ここまでメイクで別人になることができるなら、綺麗な女性を見ても「メイクだろ?」と疑ってしまうのは無理もない。“朝起きて別人がいた”なんてことを言う人もいるが、神業的なメイクをしている女性であれば、その言葉が本当だったということも納得ができる。 

 しかし、それよりも気になるのが、もし安室奈美恵本人が、安室奈美恵メイクをしたざわちんに会った時だ。“ドッペルゲンガーに会った”と自己催眠に陥って身に危険が迫ることになってしまったら……!? ざわちんの妖怪説も、さらなる重みを増すことだろう。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング