10月2日・5日は伊勢神宮・遷御の儀! 伊勢神宮・式年遷宮をおさらいしよう

ハピズム / 2013年9月30日 17時0分

写真

――「式年遷宮フィーバー」で人気沸騰中の『伊勢神宮』。ついに、メイン儀式である「遷御(せんぎょ)」が10月2日と5日に行われます! このベストタイミングで、「伊勢神宮ってどういうところ?」「式年遷宮って何?」「遷御って何?」「どんなふうにお参りすればいいの?」などなど、初心者でもわかりやすいレポートをお届け!

 「伊勢に行きたい 伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」

 庶民の間でこう詠われたのは江戸時代のこと。ここでいう「伊勢」とは、神社界では最高位の神社である『伊勢神宮』を指しています。日本人の総氏神である「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」をお祀りししている、広大な敷地の聖地。今年・2013年は、その江戸時代以来と言えるほどの、空前の「お伊勢参り」ブームが起きています。

 今年は、伊勢神宮で20年に一度の式年遷宮が行われ、さらに日本のもうひとつの大きな神社、出雲大社も5月に「60年に一度の遷宮(正確には修造遷宮)」を行ないました。20年に一度のことと、60年に一度のことが重なる機会は、けっこうな長寿にならない限り人生の中では一度しかないチャンスです。テレビを見ても新聞を見ても雑誌を見ても、人の話を聞いても、「伊勢神宮」の名前がやたらと出てくるこの頃。まさに行くなら「今年!」なのです。

 ……筆者も行きたい。遷宮真っ最中の伊勢に行きたい!!

 一昨年あたりからパワースポット記事に関わることが増えてきた愚民としては、一度この国の最高位であらせられる天照大御神さまにお目通りをかなえておかなければ、と、日頃の無礼のお詫びも兼ねて、伊勢に行きたい思いは募るばかりでした。

■『伊勢神宮』ってどんなところ? 「式年遷宮」って何?

 そこで、まずはいろいろ調べてみました。伊勢神宮とはどんなところか。行くならば、どこに必ず行くべきか。その参拝の順番は? そもそも式年遷宮って何? などなど。 

 まず、伊勢神宮というと、有名な「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」の2つのお宮の総称、と思っている方が多いのですが、実は、「伊勢神宮」とは、1つや2つのお宮のことを指すのではなく、125もの宮や社の総称でした。その総面積たるや、なんと約5,500万平方メートル。東京都世田谷区の敷地面積と同じという広大な敷地を誇るものです。

 有名な「内宮」の正式名称は「皇大神宮(こうたいじんぐう)」、「外宮」の正式名称は「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)」で、それぞれに違う神様が祀られています。内宮は先に触れた日本の総氏神である「天照大御神」を、外宮は五穀豊穣の神「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」をお祀りしています。

ハピズム

トピックスRSS

ランキング