国産A5ランクの和牛をあらゆる食べ方で堪能できる焼肉店「うしごろ」

ハピプラニュース / 2014年10月11日 5時13分

写真

国産A5ランクの和牛をあらゆる食べ方で堪能できる焼肉店「うしごろ」

東京・西麻布と銀座に店舗を持つ焼肉店「うしごろ」は、最高級A5ランクの国産黒毛和牛のみを提供するこだわりの店。

たとえばサシがたくさん入っていて柔らかく、牛1頭から3~4キロしか取れない貴重な部位の「ザブトン」をすき焼きにして供する「ザブトンのすき焼き」(2800円)は、鶏卵と一口分のごはんと一緒に提供されます。お肉そのものの味わいだけでなく、すき焼きの醍醐味である生卵やご飯とのマッチングも楽しめる一品です。

またサッと炙った牛肉を握り寿司として味わえる「極上肉の炙り握り」は、タレでいただくものとおろしポン酢でいただくものの2種(各2貫で700円)。普通の焼肉店とは一線を画する食べ方で、肉そのものの美味しさをさまざまな角度で堪能することができます。

また同店は豊富なワインを揃え、和牛と一緒に楽しむことができる「うしごろバンビーナ」(恵比寿、中目黒、五反田、新橋、渋谷)や、日本酒とのマリアージュを堪能できる「うしごろ 貫」(恵比寿)といったラインも展開しており、シチュエーションに合わせて焼き肉を楽しむことができます。あなたもぜひ、「うしごろ」で和牛の美味しさに舌鼓を打ってみては?

HAPPY PLUS

トピックスRSS

ランキング