新年会で盛り上がる“イクラのこぼし丼”のサービス 東京、大阪でも人気

ハピプラニュース / 2015年1月2日 6時50分

写真

新年会で盛り上がる“イクラのこぼし丼”のサービス 東京、大阪でも人気

新年会が続くこのシーズン、幹事の人は店選びに頭を悩ませているのでは。盛り上がり重視の人は、丼からこぼれんばかりにイクラを持ってくれる「イクラ丼」のサービスを提供している店を選んでみてはいかがでしょう?

このスタイルを全国に知らしめたのは、北海道・札幌すすきのにある居酒屋「海味 はちきょう」。お祭り騒ぎさながらの「おいさ、おいさ」のかけ声とともに、客がストップをかけるまでイクラを盛り続けてくれる「つっこ飯」で有名です。

ここまでぜいたくなイクラ丼といえば北海道のイメージですが、最近では、東京や大阪でも、このサービスを楽しめる店が増えています。まず、東京で提供しているのは、日本橋の「おやじの目利き 西村」。「漁師のこぼれいくら丼」は、茶碗に白米だけが盛られた状態で運ばれ、イクラをかけ続けてくれます。

また、大阪では北新地の「頂鯛」が有名(写真)。こちらも「ワッショイ」のかけ声と共に、ストップと言うまでイクラを盛られ続けるそう。20代の働く女子に人気のファッション誌『MORE』の読者ブロガーも同店を訪れ、「お祭り騒ぎでイクラをぶっかけてくれます!勢いありすぎて、何粒がイクラが床に飛ぶくらいです」「ものすごい量を乗せてくれるので気前の良さに驚きます」とコメントしています。

同ブログには女性ユーザーたちから「行きたすぎる~」「とても気になる」「さっそくサーチした」といったコメントが続々。一度は体験してみたいサービスのようです。「お祭り騒ぎ」というだけに一人で注文するのは気恥ずかしいかもしれませんが、大勢で訪れれば盛り上がること間違いなしです。

HAPPY PLUS

トピックスRSS

ランキング