仮想通貨ドリーム“6億円稼いだ男”の胸中とは?

HARBOR BUSINESS Online / 2018年4月2日 8時44分

写真

 数々の億り人を生み出した仮想通貨。そのなかでも、当初から注目を浴びていたのが、今回がSPA!初登場の“ゲス投資家”ことニシノカズ氏。元手ゼロで6億円の資産を築いた投資法とはいかに? 今後、値上がりが期待される仮想通貨を挙げながら語り尽くした!

◆クレカで入金した10万円が6億円に!

「昨年10月からマレーシアに移住したんですよ」

 こう話のはニシノカズ氏。仮想通貨で6億円の資産を築いた億り人だ。ただし、その経歴は少々変わっている。

「ホストをやった後、キャバクラを買い取ったんですけど、働くのに疲れて7~8年前に売却。そこからはフラフラしてました。主に、出会い系で女性を漁ったりして。そんなときに、ホリエモンさんがツイッターでビットコインについて呟いているのを発見した。それで試しにやってみようかなと」

 こうして、自ら「ゲス仮想通貨投資家」を名乗ることに。’17年1月のことだ。持ち出し資金はゼロ。クレジットカード入金した10万円からスタートしたという。

「初めはレバレッジをかけてデイトレードをしていました。海外の取引所でビットコインが急騰すると、2~3秒遅れて日本でも急騰する傾向があったので簡単に稼げたんです。取引所間でビットコインのレートが異なるので、その鞘を抜いたり。これで4月までに10万円が400万円に増えました」

 その400万円はさらに8か月で6億円にまで増えることになる。

「多少英語ができるので、海外の仮想通貨関連の掲示板も見ながら面白い通貨を探したんです。それで興味を持ったのが『DAG』という技術。簡単に言うと、ビットコインを支えるブロックチェーン技術だと情報を格納したブロックが一本の線で数珠繫ぎになっているのに対して、DAGはそれぞれのブロックから複数の線が伸びていて、他のブロックと結びついている。だから、ブロックチェーンよりも、情報処理速度が各段に速い。このDAGを応用したのがIOTAという仮想通貨でした」

 7月に購入したIOTAは2か月で4倍に上昇。利確した後に購入したのはモナーコインだ。

「ご存じのとおり、2ちゃんねる発の仮想通貨です。特徴は “モナー好き”の狭いコミュニティで支えられてきた点。だから、ビットコインなどのように投機マネーが入りづらかった。僕はそのコアなコミュニティが好きになったんです。それで購入したところ、たまたまビットフライヤーによるモナー取り扱い開始が発表されて、10月だけで8倍に上昇してしまった」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
HARBOR BUSINESS Online

トピックスRSS

ランキング