桜田オリパラ担当大臣、実力不足を露呈。任命された理由もわからないなら即刻辞任せよ

HARBOR BUSINESS Online / 2018年11月12日 15時30分

写真

「なぜ選ばれたのかわからない」と発言した桜田義孝オリパラ担当大臣。(参議院インターネット中継より)

 キレッキレに頭の回転が早く、あらゆる質問に迷いなく答えられる国会議員なんて、滅多にいるものではありませんが、逆に、そこらへんの中学生の方が賢いんじゃないかと思うぐらいの国会議員が発見され、世間をざわつかせることがよくあります。

 自分の選挙区ならともかく、どこで選ばれたのかも知らない末端の国会議員の名前なんざ、いちいち把握していられないので、そういう議員が発見される時というのは、だいたい「大臣になった時」だったりして、みんなが気付いて「こんな奴が大臣なんて大丈夫かよ!」と思った時には既に大丈夫じゃないという悲劇なのですが、皆さんの記憶に新しいところでは、まさかの法務大臣という大役を仰せつかってしまった金田勝年さんがいらっしゃいます。法務大臣にもかかわらず共謀罪のことを何も勉強しておらず、「ちょっと私の頭脳というんでしょうか、対応できなくて申し訳ありません」と答弁したほど。

 しかし、今、世間では「金田を超えた」とまで言われる議員が大臣として放たれ、日本中を震撼させています。

◆柏・我孫子が生み出した最終兵器

 日本会議国会議員懇談会で副幹事長、神道政治連盟国会議員懇談会、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会、創生「日本」、自民党遊技業振興議員連盟(パチンコ議連)、国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)、パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザーなど、数え役満レベルの肩書きを揃える桜田義孝先生は、千葉県柏市や我孫子市で構成される千葉8区選出の国会議員です。柏市議を2期、千葉県議を1期を務めた後、1996年から国会議員を続け、民主党が政権交代を果たした2009年の選挙では落選したものの、2012年から現在まで議員を続け、千葉県内ではなかなか顔の利く大物議員の一人となっていました。

 これだけ長いこと国会議員をやってきたのに、これまで一度も大臣をやったことがなかった桜田義孝先生。ついに今年、念願の大臣デビューを果たすことになったのですが、与えられた役職は「オリンピック・パラリンピック担当大臣」。外務大臣や経済産業大臣などに比べるとポスト的には「花形」とは言えないかもしれませんが、それでも日本中が沸き上がるであろう「東京五輪」の担当大臣は、最も華があるイケてる系の大臣だと言えるかもしれません。それまでは麻生太郎先生の義理の弟である鈴木俊一さん、その前は自民党の看板娘のポジションに君臨する丸川珠代さんが担当してきたのですが、ついに桜田義孝先生の時代がやってきたのです。

HARBOR BUSINESS Online

トピックスRSS

ランキング