なぜ日本の家は寒いのか? いまこそやるべきコスパ最高の寒さ対策とは

HARBOR BUSINESS Online / 2018年12月6日 15時31分

 では、賃貸住宅の場合はどうだろうか? 業者に工事を依頼して設置する正規の窓は難しいが、ホームセンターなどで販売している簡易式の内窓キットを使うという手がある。

 正規の窓ほどの性能はなくても、格安で、しかもDIYで簡単に組み立てることが可能だ。窓はプラスチック製になるが、あるとないとでは効果がまったく違ってくる。工夫次第では、自作することもできるだろう。

「家が寒い」と嘆く前に、この冬はぜひ「内窓」設置で寒さを乗り切ってみてはどうだろうか?

◆ガマンしない省エネ 第9回

<文/高橋真樹>

ノンフィクションライター、放送大学非常勤講師。環境・エネルギー問題など持続可能性をテーマに、国内外を精力的に取材。2017年より取材の過程で出会ったエコハウスに暮らし始める。自然エネルギーによるまちづくりを描いたドキュメンタリー映画『おだやかな革命』(渡辺智史監督・2018年公開)ではアドバイザーを務める。著書に『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)『ぼくの村は壁で囲まれた−パレスチナに生きる子どもたち』(現代書館)ほか多数。

HARBOR BUSINESS Online

トピックスRSS

ランキング