安倍首相「家から通えるイージス・アショア」答弁の無知と詭弁と恐ろしさ

HARBOR BUSINESS Online / 2019年2月18日 8時33分

写真

衆院インターネット中継より

◆「家から通えるイージス・アショア」

 2月12日の通常国会衆院予算会議で、国民民主党所属の泉健太代議士が要約すると次のような質問を行いました。

“イージスアショアは、秋田と萩に固定式である。真っ先に狙われるのではないか。(略)イージス・アショアは2基で2404億円、運用費は4389億円。来年度イージス艦は8隻に増え高額のアショアじゃなく、イージス艦のミサイルを増やせば良いだけである”

 これに対し、首相である安倍晋三氏は次のような答弁を行いました。

“陸上に配備されている利点については、先程岩屋大臣から答弁をさせていただいたわけでございます。

 いわば、あの、えー、船であればですね、出港して行って、その間はずっと洋上にいるということになってですね。その中でローテーションしていくわけでございますが、陸であればですね、まさに、いわば、陸上においての勤務となるわけでございます。それについては、これは大きな差なんですよ。全然ご存じないかもしれませんがね、あの、いわばずっと外に出ている、えっと、一ヶ月間とか出ているということですね。あのいわば、これは自分の自宅から通えるわけですから、近くに勤務があればですね、それは全然勤務状況としては違うんですよ。そういうことも考えていかなければならないんだろうと、こう思いますよ。

 それ実際に皆さんそういう勤務、実際されたことはないからそういうことをおっしゃってるんだろうけど、実際に勤務する人たちのですね、(野次への苦言)そこでですね、まさにそういう中においてはですね、我々は、そういう勤務環境をしっかりとある程度確保してあの向上させていくということも必要ですし、最初に申し上げましたようにですね、いわば、えー、最初の、端緒の段階においてですね、(北朝鮮は)この移動式発射台による実戦的な発射能力を向上させている、あるいは潜水艦発射型SLBMを開発しているということで、発射兆候をですね、早期に把握することはより困難に、より困難になっているということは、かなり決定的なことになるわけでありまして、それは、それはですね、対応していかなければならないということでございます。

 で、そして、それはさらに進んでいくということでございましてご承知のようにこのイージス・アショアをですね、この発注してすぐに例えば来月とか、来年にですね、来年にそれを取得できるかといえばそんなことはまったくないわけでございまして、前もってですね、これはいわば発注をしてですねそれまで導入までかなり時間がかかるわけでありますから、そういう意味においてですね、まさに私たちはそういう判断をしたと。こういうことでございました”

(*本稿執筆時点で第198回常会予算委員会議事録は第二号までしか公開されていませんので、衆院インターネット中継のアーカイブから書き起こしました)

(※記事中のレファレンスや画像、動画については配信先によってはリンクされなくなる場合があるので、その場合はハーバービジネスオンライン本体サイトからご覧ください)

◆改めて問う。誰がための「イージス・アショア」か

 昨年8月20日から9月26日にかけて、イージス・アショア日本配備についてその欺瞞と無意味さ、そして重大な弊害を7回解説し5ヶ月が経過しました。現在通常国会では、イージス・アショア日本配備について予算承認の面から論戦が行われています。

※参照【イージス・アショアシリーズ】:1、2、3、4、5、6、7

 本連載のあと、イージス・アショア日本配備は費用対効果の面で全く無意味なだけでなく、迎撃対象が対ハワイICBM(*1)と対グァムIRBMであり日本国内防衛には無効であること、対合衆国ICBMの早期警戒システムであって、対日弾道弾防衛が目的ではないこと、そのために1兆円の日本市民のお金が浪費されること(*2)、イージス・アショアは最優先の先制核攻撃対象となり、配備地の秋田市、萩市は複数の核弾道弾攻撃に見舞われ、さらに東京都心と立川市も先制核攻撃対象になるであろうことがメディアでも論じられるようになりました。

*1:戦略兵器制限条約(SALT)での定義上のICBMは、「アメリカ合衆国本土の北東国境とソ連本土の北西国境を結ぶ最短距離である5,500km以上」である。このため射程距離上の定義ではICBMを5,500km以上の射程とする場合が一般的である。なお、北朝鮮とハワイの距離は7,500kmである。

*2:同じく在欧州合衆国軍防衛、合衆国本土早期警戒用の欧州展開イージス・アショアは、合衆国の費用で展開され、合衆国が運営する。

 摩訶不思議なことになぜか封印されてきたこの常識的議論を封印解除した点で本連載はおおきな意義があったと自負しています。

◆「家から通える」答弁を徹底的に斬る

 さて、冒頭の答弁に戻りましょう。

 私は、この答弁を耳にしたとき、軍務・自衛隊勤務経験無し、国産軍需企業で勤続3年の人物の言葉かと吹き出してしまいました。

 まず、安倍晋三氏は、イージス・アショアの本質的脆弱性である固定基地且つ地上露出であることについて回答していません。

 連載第4回、第5回で指摘したように、萩・秋田のイージス・アショアは日本国内の防衛にはほぼ役に立ちません。これは、主要標的都市と弾道ミサイル想定射点を結ぶ軸線から大きく離れており、弾道弾に対して側方迎撃(横からの迎撃)となるためです。従って、シミュレーションで迎撃弾は「届く」でしょうが、「迎撃成功」する可能性は著しく低くなります。これは「カタログスペック」には現れない常識です。にもかかわらず、萩と秋田市への配備に固執するのは、萩市がグァムの、秋田市がハワイの弾道弾防衛に最適の地点であるからです。

 図で示すように、秋田上空をハワイ攻撃の弾道、能登半島上空を東京攻撃の弾道、山口・九州北部上空をグァムへの弾道が通過します。東京防空には、萩、秋田は最悪の射点であり、配備は無意味です。一方で、秋田市はハワイ防空に、萩はグァム防空に最適の射点となります。

 一方で北朝鮮にとっては、民需・軍需のすべてを犠牲にして開発・整備してきた核兵器は、対米抑止力の要です。このことについては、本連載第6回で詳細に論説しています。本来北朝鮮にとって日本は今や路傍の石ころ程度の無価値な対象であり、事実北朝鮮は日本を長年無視してきました。ところがこの北朝鮮の国の存続に関わる対米抑止力を阻害するイージス・アショア日本配備は、全力で排除する対象となります。故に、秋田市、萩市は複数の核弾頭による先制核攻撃の脅威にさらされることとなります。

 先制核攻撃は、まず相手国の目つぶし、次いで迎撃戦力の破壊、報復核戦力の破壊(*3)、都市の破壊を行います。北朝鮮の場合、核戦力の規模が小さい為に、確実性の高いグァム、ハワイ諸島の破壊となるとおもわれます。

*3:亡命GRU将校であるヴィクトル・スヴォーロフ(ウラジーミル・ボグダーノヴィチ・レズン)は、著書で先制核攻撃において報復核戦力への攻撃はあり得ず、全力で都市を破壊すると主張している。

 北朝鮮による対日先制核攻撃の理由は、自らの対米核抑止力への脅威であるイージス・アショアがそこにあるが故であり、日本の存在価値と意義は全く無関係です。

 なお、合衆国が自国防衛を想定して欧州にMDを配備してきたことは自ら明らかにしてきたことで、対象は北朝鮮と共同開発してきたとされるイランのICBMです。このため、ポーランドなどに大型の弾道弾迎撃ミサイルGBD(Ground-Based Midcourse Defense)配備が予定されていましたが、オバマ政権はこれを絵空事と批判し、妥協の結果ルーマニア配備イージス・アショアに縮小した経緯があります。要するに、欧州イージス・アショア自体が合衆国の軍需産業を食わせるための代物と化しているといえます。

 このようにイージス・アショアは、最優先の先制核攻撃対象であり、平時はゲリラ・コマンドによる破壊の対象となる訳ですが、地上固定基地である以上、イージス・アショアは極めて脆弱であり、ゲリラ・コマンドによる破壊で容易に機能を失いますし、先制核攻撃で至近弾、上空爆発であって機能を完全に失います。

 一方で洋上イージス艦の場合は常時移動しますので弾道弾攻撃は極めて困難であり、秘匿性と極めて高い抗堪性を持ちます。さらに、萩や秋田のような合衆国防衛専用ではなく、東京や大阪などの重要防衛対象を防衛するのに最適な射点を取ることが出来ます。これらもカタログスペックにはでない極めて重要な差異です。

 現在、イージスMD対応艦は短期間に8隻整備可能であり、現在たったの32発(最大迎撃数16発相当)しかないSM-3(ミッドコース弾道弾迎撃ミサイル)を増やせば、飛躍的に強固な弾道弾迎撃態勢を整備出来ます。SM-3BlockIミサイルは、日本の対北朝鮮弾道弾防衛は十分なものであり、対日価格は正価の二倍ですが20億円とされています。100発の追加導入ですら2000億円です。

 格安との虚言で導入の名目とされたイージス・アショアはすでに6000億円を超える有様で、対日対外有償軍事援助(FMS)の性格上、1兆円を超えるのは確実でしょう。日本の防衛には役に立たず、むしろ秋田市、萩市、東京都心、立川市を先制核攻撃対象とするイージス・アショアの値段は「べらぼう」な代物と言うほかありません。

 こういうことは、カタログスペックを眺めるだけの人には分かりません。

 さて、洋上イージスMDより安いという嘘っぱちで始まったイージス・アショア日本配備ですが、すでにMDイージス艦のユニット価格を遙かに上回る代物と化しています。しかも、同じお金を使って、イージス艦は、艦隊防空、対潜攻撃、対艦攻撃、対地攻撃、平時の警備活動、災害時の救援活動、海上救難ほか、様々な事に活用されます。旧式化すれば改装して別種の兵器とすることも出来ます。

 イージス・アショアは、動くことは出来ず、先制核攻撃の標的となり、日本の防空には、せいぜい早期警戒レーダーとしてしか役に立ちませんが、その他のことには何も使えません。ただ、税金を消費し、電気を消費し、ウンコとゴミを排出するだけです。

 こういうことも、カタログスペックを眺めるだけの人には分かりません。

◆「先制攻撃対象の街」になるという意味

 そういった中で泉健太氏と安倍晋三氏の間で交わされた質疑での安倍晋三氏の答弁が冒頭の「自宅から通える弾道弾迎撃基地」です。

 そもそも、イージス・アショアは陸自担当なので海自は直接関係ありません(出向支援はあり得る)が、そういうことも分からないのでしょう。

 ここで、合衆国コロラド州コロラド・スプリングス市滞在・在住時のスナップ写真を二枚ご紹介します。

 コロラド・スプリングス市は、市域人口42万人の大きな都市ですが、空軍大学、空軍基地に加えて北米防空総司令部(NORAD) や軍需産業、半導体・情報産業、州立大学、私立大学、様々な宗派の教会が多数集まっています。

 米ソ冷戦時代からNORAD=シャイアンマウンテンは、最重要の先制核攻撃対象とされてきており、地球が核の炎に包まれるとき、アラスカの早期警戒レーダーの次の順番でシャイアンマウンテンは最大威力級の核による地表爆発に見舞われます。北朝鮮もコロラド・スプリングスを最優先先制核攻撃対象と表明しています(*4)。コロラド・スプリングス市民は、せめて苦しまずに死ねるから仕方ないと先制核攻撃については諦観(ていかん)しています。

*4:North Korea threatens to strike Colorado Springs but doesn’t know where it is. Washington Post. 2013/4/12

 自宅から通える戦略的軍事施設、とくに弾道弾迎撃基地というものは具体的にはこのような情景となります。コロラド・スプリングスの場合は、複数の大型核によって蒸発しますから逃げようもなく多くは苦しみもないのでしょうが、中途半端な爆発規模の複数の核による攻撃を受けるイージス・アショアは、基地だけでなく「自宅」も一瞬では蒸発しきれずに、甚大な被害と塗炭の苦痛を受けることになります。特に秋田市の場合は、コロラド・スプリングス市と同じく、全市が壊滅することとなりますが、瞬時での全市蒸発とはならないでしょう。萩市の場合は、市街域そのものは離れていますが、フォールアウト(死の灰)の影響を受けます。

 安倍晋三氏の答弁には、兵器の中途半端なカタログスペックと詭弁による言い逃れ以外の何もありません。

 このような薄っぺらな答弁で、日本防衛の役に立たない代物を1兆円の日本市民のお金で合衆国軍需産業に貢ぎ、その見返りに安倍晋三氏がトランプ氏からの個人的歓心を得て日本は最優先の先制核攻撃となる。とても独立国の首相答弁とは考えられません。

 いまだに垂れ流される詭弁として、イージス・アショアで護衛艦隊が楽になるのでイージス・アショアは安いというものがあります。まず、MDイージス配備開始時にはイージス艦は4隻しかなく、当時のMDイージスは日本海に二隻配備が必須であったために護衛艦隊への運用上の負荷はたいへんに大きなものでした。

 しかし、護衛艦隊のイージス艦はまもなく8隻体制になります。また、MDイージスは最新型に改修が進んでおり、MDイージス艦一隻の日本海展開で日本全土を防衛出来ます。もちろん、迎撃成功率を上げるためには2隻展開すべきですが、平時のMDパトロールは一隻で十分であり、護衛艦隊の運用への負荷は軽微です。

「イージス・アショアで護衛艦隊ラクチン」という珍説は、1兆円でカタログスペックだけの役に立たないガラクタを配備して、萩市、秋田市、東京都心、立川市を先制核攻撃の対象にする理由にはとてもなりません。

 また、中国と北朝鮮の二正面戦争の時にMDイージス艦を日本海に貼り付けるのはもったいないからイージス・アショアが必要というもはや詭弁にすらならない弁明まで現れていますが、そもそも論として、北朝鮮、中国と二正面戦争するようでは、国は滅んでしまいます。政府の公式見解では長年常に「中国を脅威と見なしていない」と答弁してきています。2016年8月5日参院安保法制特別委員会でも岸田文雄外務大臣は、「我が国は中国を脅威とみなしておりません」という従来からの答弁をしています。そもそも、国連安保理常任理事国と敵対して戦争を企図することは、旧敵国条項対象国である日本にとっては自殺行為以外の何物でもありません。

 私は、対中防備を否定はしませんが、1兆円のガラクタを市民に強請(ねだ)るのではなく、無理なく出来る範囲で防備を整備し、対中関係を良好に保つのが為政者の仕事です。そもそも、主役である外交はどこへ行ってしまったのでしょうか?軍事は外交の一環でしかありません。軍事あって外交なしは本末転倒で、旧帝国滅亡の主因です。

◆INF条約失効下の弾道弾防衛

 去る2月1日、合衆国は中距離核戦力全廃条約(INF条約)の破棄をロシアに通告し、すでに米露両国は条約履行をやめています。正式に条約失効となるのは、2019年8月1日です。

 INF条約は、1987年12月7日に米ソ間で調印され、これにより最悪期であった米ソ冷戦は終結に向かいました。当時の私は主戦論者でしたが、そうであってもINFの脅威は日常から肌身に感じるほどの切実なものであって、INF条約の締結に心底安堵したものでした。INF条約成立前の核の恐怖は、大衆文化にも色濃くでており、「北斗の拳」や、「ターミネーター」シリーズなどはその典型といえます。ソ連圏でも厳しい検閲下にありながら「ストーカー」や「死者からの手紙」などといった核戦争の恐怖を暗示、明示した作品が多数発表されていました。

 INF(Intermediate-range Nuclear Forces)とは、SS-20やパーシングIIなどの中距離核戦力を指し、核搭載のIRBMやMRBM、巡航ミサイルが対象となりました。具体的には、欧州配備のSS-20とパーシングII/Ia/I、極東配備のSS-20などと核搭載の地上発射巡航ミサイルが対象であり、この全廃によって日本、韓国、西ドイツをはじめとする西欧諸国とそれに対する東欧諸国とソ連極東地域が核の脅威から解放されました。なおINFに艦載兵器は含めません。

 合衆国にとっては、同盟国である日本、韓国、西独などが核で焼き払われるだけですし、ソ連にとっても東欧諸国と極東、白ロシアが焼き払われる程度ですので、INFは比較的使いやすい核として全面核戦争の敷居を大幅に下げる効果があったために、核戦争の可能性を歯止めが効かないまでに大幅に高めるとして激しい反核運動が起こりました。特に国土全体が戦術核で焼き払われる想定であった西独では、全市民的な反核運動となりました。

 INF全廃条約は、この脅威をなくすという意味合いで、非常に高く評価され、後の戦略兵器削減条約(START)へとつながりました。

 今やINF条約は、事実上失効しましたので、米露はINF配備を今後急速に進めることになります。現在合衆国が展開している弾道弾迎撃システムは、北朝鮮などの新興核保有国の弾道弾や、偶発核攻撃を対象としたもので、米露という二大国に加えて中国の大規模核戦力に対処する能力はありません。加えてすでに中露は合衆国の弾道弾迎撃システムに対抗した迎撃不可能の搬送手段(ミサイルなど)を開発し終えており、もはや合衆国の優位は風前の灯火です。これも常識ですが、兵器の進化は、常に攻撃側圧倒的優位であって、迎撃兵器は常に無効化の脅威にさらされています。

 仮にロシアがINFを大規模に配備した場合、合衆国の迎撃システムは障子紙のように容易に突破されることになります。

 特にロシアはイージス・アショアを名指しでINF条約違反と批判してきました。INF条約が合衆国の都合で失効した今となっては、イージス・アショア配備国は対露INF配備国としてロシアによる徹底した対抗措置をとられることになります。具体的には対日戦略核の本格配備が再びあり得るということです。

 軍拡競争は周辺国も巻き込みます。ロシアがイージス・アショアをINF条約違反と見なしてきた以上、中国も萩のイージス・アショアをINFと見なすことになり得ます。

 結果として、イージス・アショアは、対日戦略核の撒き餌になるという最悪の結果をもたらしかねません。

 軍備というものは、カタログスペックだけでは語れません。兵器のカタログスペックは刺身の上のタンポポのようなものです。軍備を何の目的で、どのようにどの程度の規模で整備するかと言うことは、外交、経済、財政、と四位一体で語られねばならないことです。

 ホビー軍事アナリストが陥りがちなカタログ談義、軍備のみしか視野にない思考は全く無意味です。日本では政治家や防衛官僚もそういった素人の落とし穴にはまりやすく、実際に旧帝国の軍備はカタログスペックだけ立派なガラクタ揃いでしたし、自衛隊も弾なし、燃料なし、携帯応急医療品なし、被服すら満足になく隊舎糧食まで貧相で隊員なしのカタログ自衛隊(かかし軍隊)に陥りつつあります。

 軍備は官僚や政治業者、ホビー軍事アナリストの玩具ではありません。限られた予算の中で熟慮熟議によって最大効率で整備するものです。イージス・アショア日本配備は、本来あるべき日本の防衛装備の姿から著しく乖離した最悪の代物であると断ずるほかありません。

『コロラド博士の「私はこの分野は専門外なのですが」』イージス・アショア編−番外

<取材・文・撮影/牧田寛 Twitter ID:@BB45_Colorado>

まきた ひろし●著述家・工学博士。徳島大学助手を経て高知工科大学助教、元コロラド大学コロラドスプリングス校客員教授。勤務先大学との関係が著しく悪化し心身を痛めた後解雇。1年半の沈黙の後著述家として再起。本来の専門は、分子反応論、錯体化学、鉱物化学、ワイドギャップ半導体だが、原子力及び核、軍事については、独自に調査・取材を進めてきた。原発問題についてのメルマガ「コロラド博士メルマガ(定期便)」好評配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング