「コロナはただの風邪」と叫ぶ集団が渋谷で「ノーマスク」集会して大炎上。主催の「国民主権党」党首とは何なのか?

HARBOR BUSINESS Online / 2020年8月11日 8時33分

写真

クラスターフェスの様子。(平塚氏のツイッターより)

 世界中で新型コロナウイルスに苦しむ人が続出している中、今年7月の東京都知事選で「コロナはただの風邪」と言って立候補した「国民主権党」の平塚正幸さんが、8月9日、渋谷のハチ公前で第10回目となる「クラスターフェス」というイベントを開催しました。

 平塚正幸さんの行動はどんどんエスカレートしていて、この日はマスクをしないことを呼び掛けるだけでは飽き足らず、50人くらいの集団でマスクをしないで山手線に乗り込むバイオテロにも似た迷惑行為を展開しました。多くの方は「こういう迷惑行為をする輩は放置するに限る」と言ってしまうのですが、駄目なことは駄目だとしっかり指摘ないと、同じ周波数の連中がどんどん集まり、気づいた時には収拾のつかない事態になりかねないので、今から皆さんに警鐘を鳴らしておきたいと思います。

◆「国民主権党」とは、どのような政党なのか

 ほとんどの方が聞いたことがないと思いますが、それもそのはず、今年7月の東京都知事選に合わせて設立されたばかりの政治団体で、今のところ、地方議員も含めて現職として活躍している人は1人もいません。9月20日に行われる座間市議選に候補者を擁立する計画だったのですが、政党と候補者の間で一悶着あり、おそらく無所属で立候補することになると思われるため、しばらくは議員のいない政治団体ということになりそうです。

 代表の平塚正幸さんは、昨年の参院選で「NHKから国民を守る党」の公認を受けて千葉県選挙区から立候補してきた人で、もともとはNHKから国民を守る党に批判的なYouTuberという感じでしたが、立花孝志に感銘を受け、熱狂的なN国信者に転身。ところが、N国党の内部で揉めてしまい、やがてNHKから国民を守る党を離党。新たに「国民主権党」を立ち上げ、「新型コロナウイルスはただの風邪」という陰謀論を掲げ、今ではNHKから国民を守る党と同様、すっかり他人様に迷惑をかける存在になりました。

 平塚正幸さんが他人に迷惑をかけるのは、これが初めてではありません。東京都知事選の最中には、政見放送の収録でMXテレビを訪れ、受付で「マスクを着用しないと中には入れません」と断られると、立花孝志と同じようにMXテレビの前で抗議の選挙運動を展開。

 先日は、マスクを着用しないと入店できないルールを採用しているユニクロに行って、わざとマスクをしないで入店し、追い出される様子を撮影し、YouTubeで公開しました。対応した店員さんを勝手に撮影し、勝手にYouTubeに流しているのですから、やっていることは立花孝志の劣化コピーに他なりません。平塚正幸さんはN国信者だった時期がある人物なので、立花孝志のやり方を踏襲しており、同じ手法で社会に迷惑をかける人間が増えてしまったというわけです。

◆クラスターフェスとは何なのか

 平塚正幸さんは、たびたび「クラスターフェス」というものを開催しています。どうしてこんなことをしているかと言ったら、ただ目立ちたいのではなく、平塚正幸さんが本気で新型コロナウイルスなんていうものはないと思っているからです。危険であることを知りながら、あえて「安全」だと言っているのではなく、本気で「新型コロナウイルスは存在しない」と思っているのです。

 そして、「同じ周波数の人間たちは共鳴する」の法則で、平塚正幸さんの主張に感化された「本当に新型コロナウイルスは存在しないかもしれない」と思ってしまう人たちが、マスクもせずに集まることになるのです。

 その結果が、8月9日となったわけです。この日は、渋谷のハチ公前でマイクパフォーマンスを実施した後、本当は20時から50人ぐらいでマスクをせずに山手線に乗る計画を立てていました。しかし、この動きを知ったお店などが、お客さんや従業員の安全性を確保するため、臨時で店を閉め始めたため、これが威力業務妨害に問われる可能性が出てきて、この日はみんなで山手線に乗ることは中止。そう言いながら平塚正幸さんは山手線を無意味に1周したようですが、これほど迷惑な人は滅多にいるものではありません。

◆「新型コロナはメディアが作り出した」という典型的陰謀論

 平塚正幸さんの主張は、新型コロナウイルスというのは「メディアが作り出したもの」であり、「PCR検査ではパパイヤでも反応する」というデマを信じていました。

 さらに、「そんなに飛沫感染するというなら、わざわざ鼻の奥に綿棒を突っ込まなくても、口の前にプレパラートを置けばいいじゃないか」とも言っていました。この時点で、平塚正幸さんがどの程度感染症やウィルスについて理解している人なのかが分かると思います。

 PCR検査というのは遺伝子検査なので、プレパラートを乗せて普通の顕微鏡で確認できるようなものではなく、そもそも新型コロナウイルスの大きさは、大変小さく、そこらへんの顕微鏡で見ることはできません。

 また、最近は新型コロナウイルスの感染者がSNSで積極的に発信するようになり、日常生活に戻れないほどの後遺症に苦しむ様子が投稿されています。にもかかわらず、平塚正幸さんはこれらを嘘だと考えていて、「スーパーシティやムーンショット計画は政府が個人情報をすべて管理しようとするIT化計画」だとか、「SNSの書き込みもAIが書いているかもしれない」などと発言しています。陽性者の集計すらFAXでやり取りしているアナログ国家のニッポンで、こんなところだけAIが駆使されて、みんなに新型コロナウイルスの危険性を訴えるようになっていると主張するのは、論理性の欠片もなく、陰謀論としても随分と程度の低いものです。

◆問題の本質は「同じ思考の人間」が集まり、集金できてしまうこと

 平塚正幸さんが「クラスターフェス」なるものを定期的に開催していることは把握していましたが、今日まで様子を見て来ました。しかし、せっかくみんなが気をつけて、いろんな飲食店が売上を下げながらも密を回避できるように座席を減らしたり、営業時間を短縮したりしているのに、こうした努力を台無しにする人物が現れたら、一生懸命頑張っている人たちの努力が報われなくなってしまいます。

 この問題の本質は、平塚正幸さんが迷惑行為をする人間であるということではなく、「同じような思考の人間を集めている」ということにあります。結果、至るところで同じような陰謀論にハマっ人たちが、それこそウィルスのように思想を広げる行動に出ているのです。どこかのコンビニでは入口に「当店マスク不要です」の貼り紙をして、マスクを販売するコーナーに「新型コロナウイルスにマスクが不要だ」という主張を展開。このような思想を持つ人たちが着実に広がりを見せているのです。

 平塚正幸さんは、立花孝志のスタイルを踏襲しているため、どんなに炎上しようとも、それは「自分たちの影響力の大きさを示している」と考えるタイプです。なので、みんなから本気で嫌われていても、「嫌いは好きの裏返しだから、放っておけないのだ」という脳内変換を起こします。

 そして、こうした迷惑な活動も、最終的にはお金に結び付きます。国民主権党の街宣車を買うためのお金ということで、皆さんからの寄付を呼び掛けています。こうした発信をすることで、全国の同じ周波数の人々がお金を出してしまう構図です。平塚正幸さんは「日本から出て行け」というコメントに対しても、「俺は日本に住み続ける。俺という存在が日本の価値を高めるからだ」と反論しており、立花孝志と同様、自分こそ賢い存在だと本気で思っています。まさに劣化版の立花孝志です。

 皆さんに悲しい現実をお伝えすると、平塚正幸さんは現在38歳です。これをやっているのが18歳そこそこの若造だったら「若気の至り」ということで、「もうちょっと勉強しろよ!」で不問にしてやるところですが、38歳という大人が陰謀論をこじらせ、さらには立花孝志の手法に学んでしまった結果、こうした人物が登場してきたわけです。うっかり国民民主党と間違えてしまう人がいるのですが、彼らがやっているのは「国民主権党」です。結局のところ、「NHKから国民を守る党」の分派だと思っていただければよろしく、宗教でも分派の方がより過激化する傾向があるように、下手をすれば今後、より過激なテロ集団に育つ可能性もあるわけです。

◆新型コロナウイルスを風邪だと思えるメンタル

 欧米に比べて日本やアジアの被害が少なかったのは、いまだ原因は明らかになっていません。

 日本の場合は、「みんながマスクをつけ、みんなが手洗いなどに努め、第1波の時には飲食店などが大ダメージを受けながら営業を自粛し、見事に抑え込むことに成功した」というのが可能性の高い説だと言われていますが、それも確証はありません。

 しかし、現在の感染者数が増加している状況下では、政府や自治体に皆さんの生活を補償をするだけの力が残っておらず、いろんな企業が営業を続けながら、なるべく感染を広げないように頑張るという道を進んでいます。

 密を避け、入店の際にアルコール消毒をしてもらうことで手に触れたものからの感染を防ぐ。店の入口に消毒液を置くのだって、店にとっては出費です。みんなで協力し合って、なるべく感染者を減らしていこうと頑張っているわけです。この中で、「新型コロナウイルスはただの風邪」だと考えるのは勝手ですが、敢えて外に出たり、対策を施している店に入って感染しやすい環境を作ろうとすることに一生懸命なのは、いくら法律の範囲内だと言っても、社会的には「テロリスト」と同様の扱いをされても致し方ないのではないかと思います。

 なぜ「新型コロナウイルスは存在しない」と思えるのかと言ったら、新型コロナウイルスで死んだり苦しんだりしている人は「嘘」だと思っているからです。そこに確かな現実があるのに、どうしてそれを信じられないのかと言えば、「国民を分断するために誰かが仕掛けているもの」だと考えることで、悲惨な映像を見ても「これは捏造だ」と考えてしまうからです。

 平塚正幸さんは「国民同士で会話をさせないために、国民を分断している」と言っていますが、本当に分断されているでしょうか。むしろ、国民はある意味で団結しているかもしれません。というのも、みんな、お互いの命を守るためにマスクをしているのです。あのマスクがなかなか手に入らなかった時ですら、どうにかやりくりをして、みんなでマスクをしていたのです。感染が広がるアメリカではなかなかマスクが普及しなくて困っている現状があるのに、日本ではみんながマスクをつけ、店に入る時にはアルコール消毒をしている。確かにマスクをつけるのは面倒臭いけれど、こんなに国民が団結しているのは素晴らしいとも言えます。「マスク警察」と呼ばれる過剰に同調圧力を発揮する人も確かに迷惑ですが、「マスクを付けるな」と周囲に強いて巻き込むのも同様かそれ以上に迷惑です。そして、国民を分断しているのは平塚正幸さんの方なのではないでしょうか。

<文/選挙ウォッチャーちだい>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング