1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

女性の悩み、月イチの「生理」に救世主!? ナプキンいらずと話題の「吸水ショーツ」を試してみた

HARBOR BUSINESS Online / 2021年3月30日 15時31分

写真

可愛らしいパッケージに入って届いた「ムーンパンツ」

 女性に毎月やってくる憂鬱な一週間、それは「生理」。血が漏れないか気になって眠れない、デリケートゾーンのかゆみ、ムレ、止まらないイライラと食欲、お腹の痛み……このストレス満載ウィークを少しでも快適に乗り切る方法はないのだろうか。

◆ナプキンいらず?「吸水ショーツ」を試してみた

 ある日Twitterを見ていると、「吸水ショーツ」なるものを紹介するツイートが目に飛び込んできた。どうやら経血を吸収してくれる下着らしく、量が少ない日であればこれ一枚で過ごせるとか。量の多い日もナプキンと併用すれば、補助的な役割を果たしてくれるらしい……

「これは試さずにいられない!」と思い、すぐさまGoogleで検索。というのも、筆者はかなり経血の量が多い。夜用の大きなナプキンを付けて寝ても、朝起きたらシーツに血がついていることもしばしば。寝ている最中に血が出る気配を感じて目が覚めた、という経験のある女性も多いはず。

 日中も、量の多い日はズボンに血がついているんじゃないかと気が気でない。椅子から立つたびに、汚れてはいないかと確認してしまうのだ。

 ということもあり、生理を快適に過ごせるアイテムはないかと色々模索してはいたが、何かと手入れに手間のかかりそうなものが多く躊躇していたところにこの発見。「普通のショーツと同じように履くだけで良いなんて!」と即購入を決めたのだった。

◆台湾発の「ムーンパンツ」を購入

 いくつかの吸水ショーツを調べてみて、選んだのは台湾発の「ムーンパンツ」。まず惹かれたのはサイトデザインの可愛らしさ。生理中の憂鬱な気分も少しだけ晴れそうだ。

 そして驚いたのが、商品のデザイン。サニタリーショーツと言えば真っ黒で無地なテンションの上がらないデザインを想像していたのだが、ムーンパンツには豊富なカラーバリエーションと、なんとレースのついたデザインまである。

 豊富なデザイン展開に迷いつつも、まずははじめてということで「ムーンパンツ スターターキット」を購入。腰の上の方まで吸水シートが施されており、ナプキン3~4枚(15~20ml)の水分を吸収してくれる「ムーンパンツ ヘビー&ナイト」が二枚と、予洗いのためのセスキ炭酸ソーダがセットになっている。

 こちらのセット、ショーツは黒の無地しか選べなかったため、結局デザイン的には普通のサニタリーショーツと変わらないものになってしまったのだが……ということは置いておいて、使うのを楽しみに待っていると翌日に発送通知が(月~金の15時までに注文すると当日発送)。思いのほか早く到着した。

◆サラサラな素材でムレやかゆみは全く感じず

 到着から数週間後、今月もまた憂鬱な一週間が始まった。ただ、今回の生理には「ムーンパンツ」があるということで、気分も少し楽しげに。一日目は出先で生理が来てしまったため、二日目から使用することに。

 二日目と三日目は経血の量が多いので、いきなりショーツ一枚は不安ということでナプキンを併用。気になるムーンパンツの着用感はというと、股上が深めでしっかりと漏れをガードしてくれそうだ。しかし、最初は太ももの周りが少し窮屈に感じた。

 大きめのナプキンを併用していたため特にショーツに血がつくということはなく、吸水性についてはまだ効果を実感できず。しかし通気性がとても良く、ショーツの内側にこもる不快な湿気を感じることはなかった。また、夜も吸水ショーツを履いているという安心感からか、ぐっすりと眠ることができた。

 四日目以降は経血の量もそれなりに少なくなり、リモートワークだったためムーンパンツ一枚で一日過ごしてみることに。最初こそ心配だったものの、生理であることをいつの間にか忘れてしまっていたほどの快適さ。しっかりと経血を吸収してくれているのに、ムレた感じが全くしなかった。

 ちなみにムーンパンツの素材構成は下記の通り。

・本体:ナイロン80%、ポリウレタン20%

・クロッチ:ナイロン82%、ポリウレタン18%

・吸収層:ポリエステル100%

・表面の防水層:ナイロン100%(ポリウレタンラミネート加工)

◆洗ってみてびっくり!簡単に汚れが落ちる

 ここまで使ってきてその快適さに感動しきりだったが、一つだけネックだったのが洗濯。女性ならおわかりかとも思うが、ショーツについた経血を落とすのは至難の業。洗濯機に入れる前につけ置きして、軽く洗い、すすいで、ネットに入れて洗濯する……この工程の面倒くささたるや。

 その点このムーンパンツはつけ置き用のセスキ炭酸ソーダがセットになっているので、予洗いも楽ちん。なのだが……ズボラな筆者、そのままネットに入れて洗濯してしまった。洗濯機を回し始めて十数分、「やっちまった!」と気がつくも時既に遅し。汚れが落ちていなかったらもう一回洗おう……と思っていた。

 数十分後、洗濯機からショーツを出してみてびっくり!汚れがきれいに落ちているではないか!

 ……と思わず感動してしまったが、経血をたっぷり吸収していた日だったら他の洗濯物が悲惨なことになっていたであろう。衛生的にも良くないので、予洗いはしっかりすると心に誓った筆者であった。

◆お財布にも、環境にも優しい

 今回注文した「ムーンパンツ スターターキット」は1万1000円(税込)。ショーツ一枚あたり約5000円と考えると少々高いように感じるかもしれないが、長期的に考えるとナプキンを使う枚数が減るため、お財布に優しいと言えるだろう。そして、吸水ショーツを使うことはゴミの量が減るという点において環境にも優しい。

 人生の約半分をともに過ごす生理。どうしても嫌なイメージが付きまとうが、なんとかうまく付き合っていきたいもの。これからも様々な方法を模索してお伝えできればと思う。

<文/火野雪穂>

【火野雪穂】

97年生まれのライター。学生時代から学生向けメディアの記事作成などを行う。今春大学を卒業したばかりだが、いきなりのコロナ禍で当惑。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング