果汁100%ジュース=太る! 野菜果汁でダイエットを失敗する現代人

ヘルスプレス / 2018年3月14日 14時0分

写真

「果汁100%ジュース」は太る!?(depositphotos.com)

 「野菜ジュースを毎日飲めば痩せられる!」。そんな広告コピーやCMの甘い囁きに惑わされる女性が少なくない。

 ところが米バージニア・メイソン・メディカルセンターのBrandon Auerbach氏らは、果汁100%ジュースを1日1杯飲むだけで、長期的にわずかだが体重が増加するとする研究成果を『Preventive Medicine』2018年4月号に発表した。

果汁100%ジュース1日1杯で、体重が3年間に平均1.5kg増加!

 発表によれば、Auerbach氏らは大規模な前向きコホート研究である「女性健康イニシアチブ(Women's Health Initiative;WHI)」に1993~1998年に登録された、閉経後の女性たち4万9106人を対象とし、食物摂取頻度調査に基づいた「果汁100%ジュース」の摂取量と医療機関で測定された3年間の体重の変化との関連を分析。

 その結果、対象者の体重は、3年間に平均1.5kg増加した。

 さらに、年齢、人口学的因子、喫煙、BMI、ホルモン補充療法、生活習慣因子、果物の摂取量の変化、加糖飲料の摂取量の変化などの体重に影響する可能性がある因子を調整したところ、果汁100%ジュースの1日当たりの摂取量がコップ1杯分(約180ml)増えるごとに、3年間に体重が0.18kg増加する事実が判明した。

 Auerbach氏は「さほど大きな体重増加には見えないが、平均的な国民でも毎年1ポンド(0.45kg)増加する米国人にとっては大きな増加だ。果物のジュースに含まれている糖分が米国に肥満を蔓延させる一因となっている可能性がある」と結論づけている。

 Auerbach氏によると、果汁100%ジュースを飲んで増えた体重は、同量の加糖飲料を飲んだ場合とほとんど変わらないレベル。また、果汁100%ジュースを飲むと体重は増えるものの、果物を1日1回食べれば、3年間に約0.45kgの減量が期待できることも判明した。

 Auerbach氏によると、コップ1杯の果汁100%ジュースには糖分が15~30g含まれ、カロリーは60~120kcal。果物そのものにも糖分は含まれているが、ジュースよりも食物繊維が豊富だ。食物繊維が少ないジュースを飲むと、糖分がすぐに血液中に取り込まれるため、インスリンの働きを不安定になり、糖代謝が悪化しやすい。

 一方、米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のReshmi Srinath氏は「新鮮な果物を食べる人は、ジュースを飲む人よりも健康的で活動的な生活習慣を守っている。糖分の多い果汁ジュースは肥満要因の一つだが、唯一の原因ではない」と主張する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
HEALTH PRESS

トピックスRSS

ランキング