節約のために真っ先に削るものから分かる「恋人との別れ方」

ヒトメボ / 2017年9月14日 8時0分

写真

節約方法で別れ方まで分かってしまう!?

 月末は、お財布の中が大ピンチ! そんなとき、あなたは生活費の中の何から節約しようと考えますか?

「『これなら節約できそうだ』と思うものは、『なくても生活できるもの』『あまり価値を感じていないもの』と言えます。そこには、人それぞれの価値観や性格が表れそうですね。また、価値がないものへの扱い方に注目すると『恋人に価値を感じなくなったときの対応』、つまり『別れ方』が分かるかもしれません」とは、恋愛・結婚コンサルタントの橘つぐみさん。

 そこで今回は、節約のために真っ先に削ろうと思うものから「恋人との別れ方」を分析!


■食費
「食べることにあまり価値を感じない人は、本能的な欲求に流されず、つねに頭で考えてから行動する論理的思考の持ち主。目的のためならどんな困難も乗り越えられる、忍耐力と辛抱強さを持っていると言えます」(橘さん・以下同)

*別れ方*
「恋愛では、言いたいことを飲み込んで内に秘める傾向が。そのため、このタイプが別れを切り出すのはよっぽどの覚悟を持ったときです。どんなに止めても話し合っても、一度別れを決意したら修復は不可能でしょう」


■交通費
「『目的地に早く着く』『楽に移動ができる』といったことにあまり価値を感じない人は、時間をかけて一駅歩いたり、電車ではなく自転車(自分の力)で移動するなど、物事の過程を楽しめるタイプ。今までより結果的に不便になったとしても、『楽しかったからいっか!』と何事も前向きにとらえられるポジティブさを持っています。それは言い換えると、『自分はどんな状況でも対応できる』という自信と心の余裕があるからとも言えます」

*別れ方*
「精神的に安定しているので、別れ話になってもトラブルは起きにくいでしょう。お互いに納得できる気持ちのよい別れ方ができそうです」


■交際費
「人と交流することに価値を感じない人は、自分の世界を大切にする1人の時間が好きなタイプ。でも実際は、友人からの誘いをハッキリと断れずに流されてしまう意志の弱い面があります。『今』を大事にする人が多いので、先を見越して計画的な行動を取ることがあまりなく、『節約しよう』と思っても長く続かないかもしれません」

*別れ方*
「その場の感情に任せて、異性と付き合ったり別れたりを繰り返すタイプなので、別れ話も突発的で激情型。後先を考えずに言いたいことをすべて言い放ってケンカ別れ…なんてことが多そうです」


■光熱費
「電気や水道など、生活に必要な最低限のことを真っ先に節約しようと考える人は、1つのことをやり始めるとトコトン追求するストイックさを持っています。節約を継続しても削れる金額はわずかですが、それを地道に続けられるこのタイプは、凝り性で思い込みが激しく執着心が強めかもしれません」

*別れ方*
「別れ際にトコトン相手を追い込む傾向があるので、機嫌を損ねないように別れ話を進めないとこじれて大変なことになることも…」


■服・美容代
「外見を磨くことにあまり価値を感じないという人は、ありのままの自分を受け入れられる素直で強い心の持ち主。自分で自分を認めている部分があり、意外と頑固な面もあるかもしれません」

*別れ方*
「付き合うまではあれこれ悩みますが、一度交際が始まると穏やかな関係が長続きする傾向が。そのため別れ話もスムーズで、別れた後に友達関係に戻れる可能性も高いですね」

 いかがでしたか? 気になる相手に「節約術」を聞いてみて、どんな別れ方をするのか探ってみては?
(山本絵理/short cut)

ヒトメボ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング