秋田生まれ初の菅義偉新首相が誕生 “空白地”は17県に

スポーツ報知 / 2020年9月16日 18時26分

菅義偉新首相

 自民党の菅義偉新総裁(71)が、16日午後に行われた首班指名選挙で第99代内閣総理大臣に選出された。

 菅新首相は秋田県生まれ。選挙区は神奈川2区から選出されている。

 歴代首相の出身都道府県を出生地で見ると、最も人数が多いのは東京都で12人。2位は山口県で8人。一方、首相官邸のホームページは歴代内閣の紹介で、原則として戦後の首相については出身地を「選挙区」としている。この場合、1位は山口県で8人。2位が東京都で5人となり、順位が逆転する。

 また、歴代首相の出生地でも選挙区でもないのは、青森県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、埼玉県、山梨県、富山県、岐阜県、三重県、奈良県、兵庫県、鳥取県、愛媛県、長崎県、宮崎県、沖縄県の17県となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング