武豊騎手がジャパンで凱旋門賞参戦決定 3年連続9度目の挑戦に

スポーツ報知 / 2020年9月17日 12時40分

武豊騎手

 武豊騎手(51)=栗東・フリー=が今年の凱旋門賞・G1(10月4日、仏パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)にアイルランド調教馬のジャパン(牡4歳、エイダン・オブライエン厩舎)で参戦することが決定した。同馬をクールモアと共同所有としている(株)キーファーズのホームページ「キーファーズサロン」で9月17日に発表された。

 武豊騎手は前日の9月16日に栗東トレセンで「使うのであれば、(帰国後の)2週間の隔離があってでも行きたい」と話していた。Aオブライエン師のオファーにより実現したもので、キーファーズのHPには、Aオブライエン師のコメントとして、「距離延長、ロンシャン競馬場で条件は良くなり、馬の状態も先週のレース後問題なく、レースまでにしっかり仕上げたい」と意気込みを記している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング