田崎史郎氏、菅新首相の流儀は「あらかじめ作り込んでいない真面目一本槍」

スポーツ報知 / 2020年9月17日 13時10分

田崎史郎氏

 17日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)では、16日に発足した菅内閣を特集した。

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏(70)は菅義偉新首相(71)の就任会見について「随分変わったなと思いましたね。まずプロンプターを使ってないし、総理大臣の冒頭発言も安倍総理の場合はかなり作り込んでキャッチフレーズみたいなのをポンポンと織り込んでいたけど、菅さんは荒削りで詰めてないですよね」とコメント。

 「縦割り110番も桜を見る会も記者の質問に答える形で言っている。あらかじめ作り込んでいない菅流かなと思います。真面目一本槍というか」と続けていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング