1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

港町・函館でゆったり。カフェ好きが選んだ函館のおしゃれカフェ9選【ランチ・スイーツ・コーヒー】

北海道Likers / 2021年4月11日 20時0分

北海道の港町・函館には雰囲気のあるカフェが多く立ち並びます。古民家を利用したレトロなカフェから、函館らしく海が眺められるおしゃれなカフェ、地元の方たちに愛される昔ながらの喫茶店まで、時間がいくらあっても足りないほど。

お店それぞれに特徴があり、自慢のスイーツや、こだわりのコーヒーを楽しめます。

今回は、カフェ好きが選ぶ函館のおしゃれカフェ9選をご紹介します。

1:Cafe TUTU / 函館市・末広町

Cafe TUTUのケーキ

出典: 北海道Likers

金森倉庫群から徒歩1~2分圏内にある「Cafe TUTU(ツツ)」。観光で来られた方でもアクセスしやすく、お店の外観がとてもおしゃれで通っただけでも気になる方も多いのでしょう。

人気の秘密は、ずばりメニューの多さと安定のおいしさ! ハンバーグやパスタ・ナシゴレンなどのお食事はもちろん、おつまみやケーキ、パフェのスイーツまで揃っています。ドリンクは『TUTUブレンド』というオリジナルの珈琲やバナナジュース、ミルク系のドリンク、ソーダ系など。

メニューがありすぎて迷ってしまいますが、おすすめは自家製ケーキです。カフェのケーキはあまり大きくないことが多いですが、「Cafe TUTU」のケーキは大きくボリューム満点。メニューは日替わりで変わります。

ケーキは基本的には単品での注文はできないので、セット注文が必要です。ドリンクとプリンがついた『自家製プリンとケーキのセット』がとくにおすすめ。プリンは固めでカラメルが苦めなので、ケーキとぴったり合います。プリンはこのセットでしかいただけないのでぜひセットで頼んでみてくださいね。

<店舗情報>
■店名:Cafe TUTU
■住所:函館市末広町13-5
■営業時間:11時30分~21時30分
■定休日:木曜
■駐車場:お店斜め向かい側に看板あり

2:YAMAYOSHI COFFEE / 函館市・元町

とびきりおいしいプリン

出典: 北海道Likers

函館元町エリアには、古民家を利用したカフェや夕日が見えるカフェなど多様なカフェが立ち並びます。そのなかでもおすすめの“レトロなカフェ”が「YAMAYOSHI COFFEE」です。

終始、店内にゆったりとした空気が流れていて、何時間でもいたくなってしまうほど。店内にはたくさんのマグカップが並べられているので、見ているだけでも楽しいです。どの柄が運ばれてくるかはお楽しみ。

雰囲気だけでなくメニューも昔ながらの定番ラインナップが揃います。ナポリタンにサンドウィッチにプリンにメロンソーダ。誰もが好きなメニューですよね。

とくにプリンは「とびきりおいしいプリン」とうたっていて、その名に恥じぬおいしさです。苦めのカラメルとプリンの上のクリームとさくらんぼ。固すぎずやわらかすぎない不思議なプリンです。

函館市内でも3本の指にはいるくらい人気のプリンなので、最近ではこのプリンを目当てに来られる方も増えています。プリン好きさんは要チェックです!

<店舗情報>
■店名:YAMAYOSHI COFFEE
■住所:函館市元町31-24
■電話番号:0138-24-3900
■営業時間:10~19時
■定休日:月曜

3:クラシック / 函館市・谷地頭

クラシックプリン

出典: 北海道Likers

函館市谷地頭にある小さなカフェ、「クラシック」は、他のお店とは違い、一人カフェを楽しむ方が多く、“お話にはあまり向いてない”とうたっているお店。一人時間を好きなだけ楽しみたいときにぴったりのカフェです。

たくさんの雑誌や小説が至る所にあるので、自分のお気に入りの本に出会えるかもしれません。明るすぎず、丁度よい暗さなので温かい店内でぼーっとするのもおすすめです。

メニューは種類豊富なドリンク、人気の珈琲やそのドリンクにあうケーキ類のスイーツがあります。

ケーキは季節によって異なりますのでその時のお楽しみになりますが、変わらないメニューは『クラシックプリン』。昔ながらのカラメルが少し苦めですが、同じお皿の端に置かれたクリームはこのカラメルと相性抜群。

クリームをプリンには乗せずに、横に添えてあるのも甘いのが苦手な方に配慮されていて素晴らしいです。

プリン自体は女性の手の平サイズですが、食べてみると意外にボリュームがあり、くどすぎない濃厚さが癖になります。

<店舗情報>
■店名:カフェ クラシック
■住所:函館市谷地頭25-20
■営業時間:11時30分~21時
■定休日:火曜日
■駐車場:あり

4:OLD NEW CAFE / 函館市・本町

オムライス

出典: 北海道Likers

五稜郭でひときわ目立つおしゃれなカフェ、「OLD NEW CAFE」。

モノトーン調の外観。お店に入ってすぐにあるタイルで描かれたお店のロゴ。シンプルかつモノトーンな雰囲気が、函館もとより北海道らしさをいい意味で感じない空間です。

店内の席数はそれほど多くないのでランチは混むようですが、それでも行きたくなるお店。

テラス席があり、暖かい時期は外でのお茶も楽しむことができます。目の前に路面電車が通り、コトンコトンという電車の音を聞きながらのカフェタイムは素敵です。

お店の人気の秘密はお店のおしゃれさだけではなく、味のおいしさとこだわりがすごいというところにあります。

ランチメニューは、カレーやグラタン、パスタなど定番メニューが多いですが、“地味だけどじんわりとおいしいものを日々“というコンセプトのもとに時期によっていろいろなメニューがあります。

デザートもさまざまなものが提供されていています。ほかのお店とは少し違い、いろいろなメニューを時期で味わえることのが「OLD NEW CAFE」さんの魅力。来店の際にはインスタグラムの公式アカウントを見ればその時期に提供されているメニューがわかりますよ。

<店舗情報>
■店名:OLD NEW CAFE
■住所:北海道函館市本町32−6
■電話番号:0138-55-2005
■営業時間:11~19時
■定休日:月曜

5:明治パーラー / 函館市・本通

ハンバーグ

出典: 北海道Likers

函館市本通。有名な観光地「五稜郭」より徒歩30分。車では10分程度の閑静な住宅街にあるカフェが「明治パーラー」。病院やコンビニが多いエリアにあり、昔から愛されている歴史のあるお店です。

いい意味で歴史を感じさせる外観。中に入ると各々に自分時間を楽しむお客さん。そしてやさしく出迎えてくれる店員さん。なんとも函館らしい雰囲気を感じられます。地元民が集まる憩いの場になっているので、常連さんが店員さんと楽しそうに話す場面にほっこりすることも。

メニューは、ハンバーグ・スパゲッティ・ドリア・サンドウィッチ・カレーなど多岐にわたります。なかでもハンバーグは喫茶店のクオリティーをはるかに超える肉々しさとソースの濃厚さに驚きます。肉々しいのに、何個でも食べられるほどくどくないハンバーグ。ほかのお食事系もボリューミーかつリーズナブルです。

また、『明治パーラー』といえばなんといってもパフェが有名。約10種類のパフェが700円以下でいただけるなんて。それでいて味もとてもおいしく種類が豊富なのでいろいろ選べて楽しいです。お食事をした方は、ミニパフェがいただけるみたいなのでお得ですよ。

<店舗情報>
■店名:明治パーラー
■住所:函館市本通2丁目29−1
■電話番号:0138-51-8811
■営業時間:10時30分~21時30分

6:ユイポルト / 函館市・宝来町

ユイポルト

出典: 北海道Likers

函館市宝来町にあるカフェ「ユイポルト」。一見アパートかと思うようないくつかのお店が集まった建物の一角にお店を構えています。

店内はいい意味で狭い空間で、テーブル2席とカウンターのみ。そのため、1~2名での来店をお願いしているようです。狭い空間ならではの店員さんとの会話、周りのお客さんとの交流などがユイポルトの魅力。店員さんも太陽みたいな温かさがあり、自然とお話が進むような魅了的な方ですよ。

メニューはランチパフェやスイーツ(その時期のスイーツや店員さんの制作事情によって変わります)。焼き菓子のテイクアウトやそれらを店内で食べられるプレートなどがあります。

店員さんが常にいろんなメニューを研究していて、出されているスイーツが不定期で変わるので何度も通ってしまいます。公式のインスタグラムにメニュー情報をのせてくれるので、そのこだわりがわかりますよ。

とくに、季節のフルーツを使用したパフェと七飯町産の有名な平飼い卵『ななエッグ』を使用したプリンが人気。写真は、プリンと季節のフルーツを使用した『プリンパフェ』です。

このボリュームで1,000円ちょっとという価格。一番上のプリンは濃厚でプリン好きにはたまらない卵感を楽しめます。ほかのプリンとはすこし違う贅沢さに季節のフルーツがふんだんに入り、幸せになるプリンです。

<店舗情報>
■店名:huit-porte(ユイポルト)
■住所:函館市宝来町22-12-2F
■営業時間:平日12~17時(16時L.O.)、土日祝12~18時(17時L.O.)
■定休日:月~水曜
■公式インスタグラム:@hachi_2018_0519

7:THE LAMPS / 函館市・乃木町

古民家を利用したカフェが点在する函館ですが、そのなかでも昔ながらの落ち着いた雰囲気で素敵なカフェが「THE LAMPS」。閑散とした住宅街にあり、まるで自分のおうちみたいにくつろげるお店と評判です。不動産会社が運営しているお店なので、内装や家具などの雰囲気作りはとても素晴らしいですよ。

函館市の繁華街、五稜郭から徒歩でもアクセス可能な場所に位置しており、市電と停留所からも徒歩10分。観光の方でもアクセスしやすいお店です。

営業は火水木金の平日のみで、現在はオープンから予約制。事前にインスタグラムでメニューの告知があり、電話で予約が可能です。1組4名まで。

人気メニューはゆめぴりかを使用した週替わりランチやおやつです。プレートランチは、週ごとにメニューが変わり、毎回豪華でボリュームがあります。インスタグラムで事前に告知があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<店舗情報>
■店名:THE LAMPS
■住所:函館市乃木町2-20 桜が丘通り沿い
■電話番号:090-9084-9157
■営業時間:11時〜完全予約制(ランチ14時L.O.)
■定休日:土~月曜
■インスタグラム:@lamps_coffee

8:コーヒーショップ・トレール / 函館市・本町

北海道でも有数の繁華街、函館市本町。その一角に、外観からして素敵な雰囲気を醸し出すカフェ「コーヒーショップ・トレール」があります。モーニング・ランチ・カフェタイムのみの営業です。

コーヒーショップ・トレールは函館で30年以上の老舗喫茶店。店主さんの人柄に虜になる方も多いとか。初めてでも、ほかの常連さんと変わらない対応をしてくれて、「ゆっくりしてってね」と何度も声をかけてくれます。なんと人生相談にも乗ってくれることも。それくらいお客さんと店主さんの距離が近いアットホームな雰囲気です。

もちろん、1人でも、複数でも行きやすいお店です。店内はジャズが流れていて、ゆったりとした時間が流れています。ドリンクの種類も多く、食後のデザートもあるので何時間でもいたくなってしまいます。

朝は9時から営業しているので、函館では珍しいモーニングを楽しむこともできますよ。ランチは“THE喫茶店”なナポリタンやサンドウィッチ、トーストなどが人気。どのメニューも1,000円以下でリーズナブルなのにボリューミーでおいしいです。

<店舗情報>
■店名:コーヒーショップ・トレール
■住所:北海道函館市本町4−10
■電話番号:0138-55-6746
■営業時間:9~19時
■定休日:日曜

9:cafe 海と硝子 / 函館市・住吉町

海と硝子

出典: 北海道Likers

函館は、津軽海峡と函館港に挟まれていて中心部が狭い扇形をしています。そんな函館は昔から海とのかかわりがとても深く、海は町のシンボルでもあります。

そんな海を一望でき、また海らしさを表現したメニューも楽しめる函館ならではのカフェが「cafe 海と硝子」です。

晴れた日には対岸の青森県の半島も見ることができ、青く透き通る海は本当に絶景! 店内からは、少し高い位置から海を一望できます。遠くまで海を眺められる席とガラス張りの店内が特徴です。

店内のインテリアは白で揃えられており、海の雰囲気と合っていてかわいいです。店内へのこだわりはもちろん、メニューも海をイメージしたものが多く、どれにしようか悩んでしまいます。

『海色ライチソーダ』など青や黄色、ピンク調のおしゃれなソーダ(味によって色が違います)や夜景をイメージした『夜景ティー』。

そのほかにも期間によって変わるクレープ、トーストやホットサンド、ドリンクの種類も豊富です。リーズナブルなのにボリュームもしっかりあり、ユニークかつこだわりのあるメニューが楽しめます。

<店舗情報>
■店名:cafe 海と硝子
■住所:北海道函館市住吉町15-2
■営業時間:13~18時
■定休日:不定休

 

雰囲気のあるカフェが多い北海道・函館。ユニークなメニューや、それぞれのカフェならではのこだわりが愛される秘密なんですね。函館でカフェ巡りをするときは、ぜひ足を運んでみてください!

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。営業状況などは公式SNSなどでご確認ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング