ケシャ、新曲は自分の性器についての歌?

ハリウッドニュース / 2013年3月1日 19時45分

自分の性器についての曲を作ったケシャ (c)Hollywood News

25歳のポップ歌手であるケシャが、新曲である「Gold Trans Am」は自分の性器について歌った曲だと語り、話題を呼んでいる。

ケシャの新曲である「Gold Trans Am(金色のトランザム)」は、彼女の所有する車である金色のトランザム(ポンティアックが生産したアメリカのスポーツカー)のことについての歌である。彼女は同曲で、「ありがとう、君。私の金色のトランザムの中に入りなさい」、「そこのTシャツ着ているあなた、乗って行く? 私が船長だから、だまって、中に入りなさい」と歌っているのだ。

彼女は音楽誌「Q」に、「私は最初、自分の車である金色のトランザムについての曲を作ろうとしていたの。いつもだいたい40パーセントくらいの力しか発揮しない車なんだけど。私はこの車が大好きだから、ほかの車を持っていないのよ」と発言し、当初はその曲は深い意味を持っていなかったと語ったのだ。しかし、彼女は曲を書いていくうちに、この曲が車のことについてだけではないと気がついたのだという。

彼女は同誌に、「するととつぜん、過去に存在する偉大なポップ曲と同じように、この曲は私の女性器についてのメタファーになったのよ」と語り、同曲での「金色のトランザム」が車という意味だけではなく、自分の性器という隠れた意味を持っていることを明らかにしたのだ。さらにケシャは、「私のあそこは最高の性能を持っているわ。いつも世話されていて、馬力があって、100パーセントの力を発揮するのよ」と、大胆な発言をした。

破天荒なイメージのあるケシャだが、自分の音楽の曲作りにもそんな彼女のワイルドな魅力を発揮しているようだ。はたして彼女の金色のトランザムはどんな走りを見せているのだろうか?【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング