マイケル・ジャクソンさん、死後最も稼いだアーティストに選ばれる

ハリウッドニュース / 2012年11月2日 10時45分

死後最も稼いだアーティストに選ばれたマイケル・ジャクソンさん (c)Hollywood News

歌手のマイケル・ジャクソンさんが、経済誌「フォーブス」が選ぶ死後最も稼いだアーティストに選ばれた。

今回のリストは2011年10月から2012年10月までの間に死後最も稼いだアーティストを選出したもので、2009年に亡くなったマイケルさんは1億4500万ドル(約116億円)でダントツの1位に輝いた。

マイケルさんは、音楽出版社ソニーATVミュージックパブリッシングの50パーセントの株、マイケルさんのグッズ、シルク・ドゥ・ソレイユのショーであるマイケル・ジャクソン「THE IMMORTAL」ワールド・ツアーからの利益で稼ぎ、2位はエルビス・プレスリーさんで、ラスベガスのショー「Viva Elvis」などから5500万ドル(約44億円)を稼ぎ出した。

3位に1700万ドル(約13億6000万円)でボブ・マーリーさん、4位に1200万ドル(約9億6000万円)で「ザ・ビートルズ」のジョン・レノンさん、5位に600万ドル(約4億8000万円)でリチャード・ロジャースさん、6位に550万ドル(約4億4000万円)で「ザ・ビートルズ」のジョージ・ハリスンさんがランクインした。

マイケルさんは、2年連続で死後最も稼いだ有名人に選ばれていたが、先日発表されたリストで2億1000万円(約168億円)稼いだ女優のエリザベス・テイラーさんに次ぐ2位に選ばれていた。

マイケルさんには3人の子供がおり、彼が亡くなってしまったとはいえ、かなりの遺産が残されることになる。マイケルさんはリストの中で最も最近に他界しているだけに、稼いだ額にかなり差がある。亡くなって何年経っても高額の収入があるのは、それだけ彼らが人々の中で今でも生きているということなのだろう。

●「フォーブス」誌が選ぶ 死後最も稼いだアーティスト トップ6
1位:マイケル・ジャクソン 1億4500万ドル(約116億円)
2位:エルビス・プレスリー 5500万ドル(約44億円)
3位:ボブ・マーリー 1700万ドル(約13億6000万円)
4位:ジョン・レノン 1200万ドル(約9億6000万円)
5位:リチャード・ロジャース 600万ドル(約4億8000万円)
6位:ジョージ・ハリスン 550万ドル(約4億4000万円)【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング