女優にして世界屈指のカイトボーディング選手!超キュートなマイカ・モンローに注目

ハリウッドニュース / 2014年11月2日 18時30分

本作で高校生アナを演じるマイカ・モンロー (C) 2013 Adam David Productions

一大センセーションを巻き起こした映画『サプライズ』の監督アダム・ウィンガードと脚本サイモン・バレットコンビが放つ〈アンノウン・スリラー〉『ザ・ゲスト』。本作に出演するマイカ・モンローがブレイクの兆しをみせている。

主人公で謎めいた帰還兵デイヴィッドを演じるのは、英国出身のダン・スティーヴンス。彼は、人気海外TVドラマ「ダウントン・アビー」や人気シリーズの最新作『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』や、リーアム・ニーソン主演のサスペンススリラー『A Walk Among the Tombstones(原題)』など次々に話題作に出演する第二のベネディクト・カンバーバッチと呼び声高い大注目の俳優だ。

デイヴィッドが訪ねた亡き戦友ケイレブの家に住む彼の妹で高校生アナを演じるのは、マイカ・モンロー。アメリカ生まれの21歳で、ザック・エフロン、デニス・クエイドと共演した『チェイス・ザ・ドリーム』(12)ではザックが想いを寄せる相手として出演。また、ソフィア・コッポラ監督作品『ブリングリング』(13)、ケイト・ウィンスレットと共演した『とらわれて夏』(13)など話題作に出演している。

「アナというキャラクターには、皮肉っぽさと好ましさが同居しているんだけど、その両方を持つ女優を見つけるのは難しかった」と監督のウィンガードは説明し、徹底したオーディションを行ったそう。また「モンローはユーモアと知性を役にもたらしたし、アナとデイヴィッドの間にある性的な緊張感を演じられる女優だったんだよ」と語り、「彼女にはどこか生意気なところがあって、それも完璧だった。彼女は可愛げがありながらもドライな皮肉屋なんだ。それに他の女優には感じないようなことにモンローはユーモアを感じていたんだ」と絶賛。

本作が映画作品初の大役となるモンロー。脚本とアナのキャラクターに興味を持っていたものの、製作陣と合って本作に完全に夢中になったという。「並外れた人だったの。『サプライズ』は素晴らしいホラー映画で、見終わった後もっと興奮したわ。ダン・スティーヴンスとも共演するし、この映画に参加できることに超気合いが入ったの!」と振り返る。

「アダムのことを完全に尊敬し、信頼しているの。彼は明確に自分のビジョンがあって、きめ細やか。彼と一緒に彼女が着る洋服や、髪型、アクセサリーを選ぶのが最高だったわ!何もかもアダムの頭の中にあって、私はそのプロセスを経験したの。それが終わった時、そこにはもうマイカ本人はいなかったの!」と自身のキャラクターのあらゆる側面について、台詞の読みから衣装のスタイリングまで、自分と密接に作業してくれる監督がいることを幸運に感じたとモンローは初めての大役ながらも、監督の大きなサポートに助けられたことを明かしている。

女優として着実に成長し続けるモンローですが、カイトボーディングのプロ選手の肩書を持つ彼女。その腕前はなんと世界トップランク! 女優業の傍ら、今後もカイトボーディングを続けていきたいと語っている。また私生活では、ザック・エフロンやテイラー・ロートナーなどの超イケメンたちと恋の噂も浮上する超モテ女子! そんなキュートなブロンドガールのマイカ・モンローから目が離せない。

■『ザ・ゲスト』
11月8日(土)より、シネマサンシャイン池袋他にて公開
(C) 2013 Adam David Productions.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング