セレーナ・ゴメス、首に謎のタトゥーを入れる

ハリウッドニュース / 2012年10月2日 11時20分

タトゥーを入れるのにハマっている? セレーナ・ゴメス (c)Hollywood News

20歳の歌手・女優であるセレーナ・ゴメスが、彼女にとって2つ目となるタトゥーを後ろ首に入れていたことが明らかになった。

「デイリー・メイル」紙によると、セレーナは最近になってニューヨークで人気タトゥー師であるバン・バンにタトゥーを入れてもらったという。彼女は後ろ首に、「76」を意味するローマ数字「LXXVI」のタトゥーを入れたようだ。

ヴァネッサ・ハジェンズにタトゥーを入れたことでも知られるバン・バンは同紙に、「タトゥーは彼女にとって大切な家族の一員への敬意を示すものだったようだよ」と語った。彼によると、セレーナは首にタトゥーを入れる痛みに不安になっていたようで、ずっと友達の手を握っていたという。このタトゥーを入れるのに20分かかったようだ。

セレーナは今年の2月に、小さいハートの形をしたタトゥーを右の手首に入れていた。もしかすると彼女は、すでに7つのタトゥーを入れている恋人のジャスティン・ビーバーからの影響で、タトゥーを入れ始めたのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング