ヘイデン・パネッティーア、「母親になるために生まれてきた」と語る

ハリウッドニュース / 2013年4月3日 18時25分

ママになりたいヘイデン・パネッティーア (c)Hollywood News

テレビドラマ「HEROES/ヒーローズ」で知られる23歳の女優ヘイデン・パネッティーアが、子供がとてもほしいと語った。

ヘイデンは先月末にウクライナ出身の世界ヘビー級チャンピオンのボクサーである37歳のウラジミール・クリチコ選手と密かに婚約したと伝えられ、話題となった。2人は2011年5月に約1年半の交際の末に破局しており、今年1月に復縁したと言われたばかりであった。

そんなヘイデンは、ファッション誌「グラマー」に、「私は大きな人生を歩んできたと思うの。自分の年を感じないわ。私は母親になるために生まれてきたように感じるの。時々人々が(子供を持つことについて)、『あなたの人生は終わるわよ。何もできなくなってしまうわ』って言うけれど、私は『何を言っているの?』って感じね」と話した。

さらに「母親になるってことは最も美しいことだし、たのしいことよ。子供がいるからって何も達成できないとは感じないわ」と語っている。

ヘイデンとウラジミールからうれしい報告が届くのは、そう先でもなさそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング