【ハリウッドスラング036】「dumb ass」「jackass」より「kick ass」に

ハリウッドニュース / 2012年12月3日 15時0分

「jackass」とオバマ大統領に呼ばれてしまったカニエ・ウェスト (c)Hollywood News

今回のハリウッドスラングは、「dumb ass(ダム・アス)」。アメリカ人にとって、「おしり」と呼ばれることは屈辱的なことのようです。今回紹介するのは、「アホな人」という意味の「dumb ass」です。

使用例:
ライアン:Look at him eating his booger. What a dumb ass!
(あいつ自分の鼻くそを食べてるぜ。なんてアホなやつだ!)
ジェイソン:Dude, he is just a 1-year-old baby. You are an asshole.
(おい、彼はまだ1歳の子供だよ。お前はイヤなやつだなあ。)

「asshole(おしりのあな)」や「ass(おしり)」は、人に対して使うと「嫌なやつ」という意味になります。それに「dumb(口のきけない)」という言葉を足して、「dumb ass」にすると、「アホな人」という意味になるのです。実はこの言葉は動物のロバから由来しているという説があります。ロバの学名が「Equus asinus(エクウス・アシヌス)」であることから、西洋でロバは「ass」と呼ばれることが多く、うすのろい動物だと見なされています。ということから、「ass」がこのようにネガティブな意味を持つようになったようです。

でも英語ではロバは「donkey」なので、その由来を知るアメリカ人は少ないでしょう。「ass(おしり)」と呼ばれること自体に侮辱の意味があるので、人はこの言葉を使うのだと思います。

人気ラッパーのカニエ・ウェストは2009年に開催された「MTV・ビデオ・ミュージック・アワード」で、最優秀女性アーティスト・ビデオ賞を受賞した歌手テイラー・スウィフトの受賞スピーチに乱入して彼女からマイクを奪い、ビヨンセが受賞すべきだと主張したことがあります。そんなカニエについて、バラク・オバマ大統領が政治経済総合誌「The Atlantic」でのインタビューで、「He is a jackass(彼は愚か者だ)」と言ったことがありました。なぜ「jackass」が「バカ」や「愚か者」という意味を持つかというと、「jackass」には「オスのロバ」という意味があるからなのです。

でも「ass」を含む言葉が全てネガティブだというわけではないのですよ。「kick ass(キックアス)」は、「最高」という意味の形容詞なのです。おしりをガツンと蹴るくらいの爽快さがあるということなのでしょう。できれば、「jackass」よりも「kick ass」になりたいですよね!【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング