超話題作『ゼロ・グラビティ』、史上最高の3D映像はどう創られた?

ハリウッドニュース / 2013年12月3日 12時5分

本作の撮影中のジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロック (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

すでに全世界で約600億円もの興行成績を収めた、サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演で贈るスペース・サスペンス・エンターテイメント超大作『ゼロ・グラビティ』が、12月13日(金)に3D/2D同時公開を迎える。『アバター』のジェームズ・キャメロン監督が「史上最高の宇宙映像であり、史上最高の宇宙映画だと思う」と語り、『宇宙兄弟』の森義隆監督が「どう撮っているのか、分からなかった」驚愕した本作の3D映像はどのようにして創られたのだろうか?

1.宇宙空間での光を完全に再現する為、撮影監督のエマニュエル・ルベツキと特殊効果チームが、“ライトボックス”と名付けた特殊装置を開発。高さ6m×幅3mの箱型壁面に、4096個のLEDライトを取り付け、地球の反射、太陽、恒星など、あらゆる角度からの光源を創り出した。

2.無重力状態を作り出すため、俳優を吊るす12本のワイヤー装置を開発。高速で動く操り人形のような仕組みになっており、様々な角度から撮影できるように、ロボットアーム応用した作られた小型カメラで、縦横無尽に撮影した。

3.劇中のスペース・シャトル、国際宇宙ステーションの外観・内部はほぼCGで作られたバーチャルセット。船内外作業用の小道具から、ボトル1本に至るまで、NASAからの提供資料を元に完全に再現。金属の腐敗具合まで細部にまでこだわった。宇宙服までもCGと言うのだから驚き。世界中の宇宙飛行士たちの間では、「“ゼロ・グラビティ”見た?」と話題に上がるほど。皆その出来栄えに賞賛を贈っている。

世界中の賞賛をうけるアルフォンソ・キュアロン監督は、「僕たちはディスカバリー・チャンネルのドキュメンタリーのように見せたかった。映画を見ているような心地よさにはしたくなかったんだ。でも3Dで大事なのは、圧倒的な多角性だ。ハッタリのために、3Dを使ったんじゃない。あくまでもリアルに、だが盛り上がるシーンは少し強調をして描いた。サウンドと音楽と映像が観客を引きずり込むんだ。現実に起きていることのように、(観客は)この危険な宇宙の旅に放り込まれる」と観客をドラマへ引き込むための3D映像について熱く語る。

ひとりの女性宇宙飛行士の壮絶な運命を体当たりで演じ、2度目のアカデミー賞主演女優賞獲得に期待がかかるサンドラ・ブロックは、「私たちのリアクションも同じだったわ。ジョージ(・クルーニー)も私も二人とも。『ワオ』って言うだけだった。映画が終わった後、本当に声が出なかったの。私はとても幸運だと思う。自分のキャリアの中で遂に、新人として見なければいけない映画のように、自分の出演作を観ることができたんだから。(撮影の)プロセスを知って私はほんとうに圧倒されたわ。そして、あんな映像を私は観たことがなかった。3Dで宇宙を疑似体験できるの」と太鼓判を押しており、まさにジェットコースターのような宇宙旅行に観客を誘うことだろう。

オスカー常連のキャスト&スタッフが集結し、最新VFXと3D技術により創出された、臨場感溢れる大迫力の未体験空間に、あなたを引きずり込む!

■『ゼロ・グラビティ』
12月13日(金) 全国ロードショー<3D/2D同時公開>
公式サイト:zerogravitymovie.jp
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング