超豪華キャストに前田敦子も登場!『ホビット』ワールドプレミア開催

ハリウッドニュース / 2014年12月3日 6時0分

豪華キャスト集結!『ホビット』ワールドプレミア (C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC

米アカデミー賞11部門の史上最多受賞に輝くピーター・ジャクソン監督が贈る、史上最大のアクション・アドベンチャー超大作『ホビット』が、かつてない感動のラストへ! シリーズ総製作費約800億円と言われる史上最高額の巨額を投じ描く『ホビット 決戦のゆくえ』(12月13日日本公開)のワールドプレミアが、現地時間12月1日にロンドンの歴史あるレスタースクエアーにて開催された。

レスタースクエアー前には、長いグリーンカーペットが敷かれ、開場前から4000人のファンと世界中から200媒体ものマスコミが詰めかけた。ファンの中には、ホビットや、ドワーフ、エルフなどの思い思いのコスプレをするファンも多く集まり、更には、なんと先週の木曜日から徹夜で並んでいるファンもおり、開場前から異様な熱気が会場を包み込んでいた。

本プレミアには、本シリーズを彩ってきた超豪華なスタッフ/キャストが一同に集結した。長きに渡りシリーズ全ての監督を務めてきたピーター・ジャクソン監督や、主人公“ビルボ”役を演じたマーティン・フリーマンをはじめ、灰色の魔法使い“ガンダルフ”を演じたイアン・マッケラン。エルフ族の戦士“レゴラス”を演じたオーランド・ブルーム。シリーズを通してビルボ達を苦しめた邪悪な火竜“スマウグ”を演じたベネディクト・カンバーバッチ。モンスター“ゴラム”を演じたアンディ・サーキスや人間族のリーダー“バルド”役のルーク・エバンス、ドワーフの王“トーリン”役のリチャード・アーミティッジ、エルフの長“スランドゥイル”を演じたリー・ペイス、ドワーフのキーリーとの切ない恋に落ちたエルフの“タウリエル”を演じたエバンジェン・リリーなどが参加する異例の大プレミアとなった。

会場にスタッフ/キャストが登場すると、集まったファンからは大きな歓声が上がり、スチールのフラッシュが一斉にたかれ、辺り一面は真昼のような光に包まれた。キャスト達が集まったファンに、一人一人丁寧に握手やサインをし、時にはハグをしながら一緒に写真を撮ると、ファンの興奮は更に高まった。記念すべきこの日を迎えた監督のピーター・ジャクソンは「今は夢のようです。終わった実感を感じるは明日以降でしょう。」と万感の思いを熱く語った。

この日、「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」シリーズの大ファンである前田敦子さんが日本のファン代表としてワールドプレミアに参加した。前田さんはこの記念すべきワールドプレミアに相応しく、赤い晴れ着姿でグリーンカーペットへ登場。前田さんがカーペットに姿を現すと、世界中のマスコミが彼女に一斉にカメラを向けた。そしてなんとカーペット上で憧れのオーランド・ブルームとの対面が実現。前田さんの晴れ着姿に「アメージング!君は素敵だ!」とコメントすると、前田さんは少し照れながら「ありがとうございます」と答えた。

■『ホビット 決戦のゆくえ』
12月13日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー
<3D/2D IMAX3D同時公開 HFR3Dも公開(※一部劇場にて)>
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2014 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC【ハリウッドニュース編集部】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング