ブラッド・ピット、プレミアで「男が僕の股間に顔を埋めようとした」と表明文を発表

ハリウッドニュース / 2014年6月3日 14時0分

『マレフィセント』のハリウッドプレミアに登場したブラッド・ピット (c)Imagecollect.

俳優のブラッド・ピットが、ディズニー映画『マレフィセント』(7月5日日本公開)のプレミアで襲われたことについて表明文を発表した。

ブラッドは先月28日、婚約者のアンジェリーナ・ジョリーが主演を務める同映画のハリウッドプレミアのブルーカーペットに登場。しかし、男がフェンスを飛び越えて、ブラッドに向かって走って行き、ブラッドを攻撃するという騒動が起きた。逮捕された男はセレブにイタズラを仕掛けることで有名なウクライナのテレビリポーターのヴィタリ・セディウクであった。

この出来事に対してブラッドはゴシップ誌「ピープル」に、「僕はサインをしていた最後の列にいて、僕に向かって誰かがバリアを超えてダイブしてくるのを見たよ」「僕は一歩後ろに下がったんだ。それで、男が僕の襟をしっかりつかんだよ。僕は下を見ると、この変なやつが僕の股間に顔を埋めようとしていたんだ。だから彼の頭の後ろを2回叩いたよ。すごく強くではないけど、彼の注意はひくには十分だったよ。だって、彼は離したから」「それで彼は手を握ろうとしていたけど、男たち(セキュリティー)が彼の上にいたからね。彼は手を伸ばして、僕のサングラスを掴んだんだ」「目立ちたがり屋は別にいいと思うよ」「でも、もしその男がサインやセルフィー(写真)のために夜ずっと待っていたファンのことを台無しにして、それがきっかけで人々が人混みに行くことに慎重になってしまったらって思うよ。彼は、もしもう1度女性のドレスの中を覗こうとしたら、彼が踏みつけられることになることを知っておいた方がいいよ」とコメントした。

このレポーターは過去にレッドカーペットで俳優のウィル・スミスにキスをしようとしてビンタで返されたり、ブラッドレイ・クーパーに抱き着いたり、レオナルド・ディカプリオの股間に顔を埋めたりして騒ぎを起こしてきた。最近では、カンヌ映画祭で女優のアメリカ・フェレーラのドレスの中に入り込んで取り押さえられている。すでに、アメリカの騒動で彼が会社をクビになっていたことが先日明らかになった。

果たしてブラッドの警告をこのレポーターは聞き入れるだろうか?【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング