リア・ミシェル、故コーリー・モンテースさんと家庭を作る話をしていたと明かす

ハリウッドニュース / 2014年3月3日 18時0分

人生を共に歩んでいくことを考えていたリア・ミシェルとコーリー・モンテースさん (c)Imagecollect.

テレビドラマ「glee(グリー)」の女優のリア・ミシェルが、俳優のコーリー・モンテースさんと家庭を作る話をしていたと明かした。

2009年から始まった同ドラマで共演したリアとコーリーさんは、2012年2月に熱愛が発覚。しかし、昨年7月にコーリーさんが31歳の若さで急死するという悲劇が起きた。原因はアルコールと薬物を同時に摂取したからであった。

コーリーさんの死後、リアは彼と過ごした日々は人生で最高の時で、真実の愛だったと語ってきたが、2人はやはり結婚も視野にいれていたようである。

リアはファッション誌「グラマー」に、「私たちはたくさんのことを話したの。子供たちのことや年を取ったら私たちはどんな風になるか、誰が太って、どうやってスリムのままでいるかって話したわ。私たちはどこに行きたくて、何をしたいか話したの」「人生で誰かと一緒にいる時は、すべてを話すものよ。私は今、最高のコーリーを与えられた気がするの。とても感謝しているわ」と明かした。

また、次の恋愛について、今は恋人はほしくないと話し、「交際する前に自分が100パーセント大丈夫であることを理解するのが大切だと思うの。でも、人々には私が一生一人でいることはできないことを理解してほしいわ。コーリーも望んでいないと思うの」と語っている。

リアとコーリーさんは人生を共に歩んでいくことを考えるほど、2人の将来を描いていたようである。それが残念ながら叶うことはなかったが、コーリーさんはきっと天国でリアの幸せを願っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング