シーロー・グリーン、ドラッグを使用して女性に性的暴行?

ハリウッドニュース / 2012年11月3日 9時15分

本当に女性に性的暴行を加えたのか? シーロー・グリーン (c)Hollywood News

オーディション番組「ザ・ヴォイス」の審査員を務める38歳の人気歌手シーロー・グリーンが、ドラッグを利用して女性に性的暴行を働いたという疑いを持たれている。

ゴシップサイト「TMZ」によると、被害者の女性は7月にシーローとロサンゼルスのダウンタウンにある日本食レストランに行ったが、それからの記憶が何もなく、気がついたらシーローがいる部屋のベッドで裸で横たわっていたと警察に伝えたという。彼女はシーローによって飲み物にドラッグの“エクスタシー”を入れられて、性的暴行をされたと主張しているようだ。

カリフォルニア出身ではないというこの女性はすぐに彼女の地元の弁護士に連絡し、その後ロサンゼルス市警察に届け出たという。関係者は同サイトに、ロサンゼルス市警察は捜査のために被害者の女性にシーローへの電話をかけさせ、その電話の内容を録音したようだ。なんとシーローは電話で、エクスタシーを使用したことを認め、彼女に謝罪をしたという。どうやら彼はエクスタシーを使うことで、楽しい時間が過ごせると思ったらしいのだ。

一方で、この女性の主張を疑う声も出ている。シーローの関係者は同サイトに、もしそのようなテープが本当に実在しているならば、すでにシーローは逮捕されているはずだと主張し、この疑惑を否定した。さらに、シーローに近いほかの関係者は、彼女の弁護士がシーローから賠償金を要求し、それが叶わなかったから、警察に届け出たのだと言っている。さらにエクスタシーは摂取した人に高揚感を与えるものであり、昏睡状態にさせるドラッグではないということも、議論の的になっているのである。

はたしてお茶の間の人気者であるシーローと女性の間に何が起こったのだろうか? 謎の多い今回の事件は、世間の注目を集めている。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング