今年アメリカで“最も着るべきでない”ハロウィンの衣装とは?

ハリウッドニュース / 2012年11月3日 11時45分

ハロウィンの衣装のチョイスを間違った? リアン・ライムス (c)Hollywood News

30歳のカントリー歌手であるリアン・ライムスが、今年アメリカで“最も着るべきでない”ハロウィンの衣装を着用している姿をツイッターに載せ、話題を呼んでいる。

リアンはハロウィンであったアメリカ時間10月31日に、彼女が髪を70年代風に巻き、タイトな黒のスパンデックスを着て、黒づくめのタイトな衣装を身にまとった俳優の夫エディ・シブリアンと共に写っている写真を、「ダニーとサンディ。ハロウィン」というコメント共に、ツイッターに掲載した。彼女は大人気ミュージカル映画『グリース』(78)でオリビア・ニュートン=ジョンが演じた役である“サンディ”に扮し、エディはジョン・トラボルタが演じたダニーになったのである。

写真では見事に“サンディ”になりきっていたリアンだが、彼女のこのハロウィン衣装のチョイスが不適切ではないかという声が上がっている。アメリカでは現地時間10月29日の夜に巨大ハリケーン「サンディ」が東海岸を襲い、現地ではなおも被災者の救出活動が行われているのである。報道番組「NBCニュース」によると、アメリカ時間11月2日の時点で、94人の死亡が確認されており、さらに多くの犠牲者の遺体が発見されることになるというのだ。

歌手のレディー・ガガはハリケーンがアメリカを襲った29日に、「私はもう『グリース』を観ない。サンディは最悪ね」とツイッターに書き込んでいた。リアンは、まったく悪気はなかったと思うが、自分が扮したキャラクターの名前が猛威をふるったハリケーンと同じ名前だということを自覚するべきだったのかもしれない。【村井 ユーヤ】

ハリウッドニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング