『トワイライト』最終章、スキャンダル発覚後も宣伝活動は行うと発表

ハリウッドニュース / 2012年8月4日 16時25分

『トワイライト』シリーズのプレミアに仲良く登場したロバート・パティンソンとクリステン・スチュワート (c)Hollywood News

俳優のロバート・パティンソンと恋人のクリステン・スチュワートが、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』(11月16日全米公開)の宣伝活動をクリステンの浮気スキャンダル後も行うと発表された。

大人気『トワイライト』シリーズで共演し、私生活でも恋人同士のロバートとクリステンであるが、先月25日に、クリステンが主演を務める映画『スノーホワイト』(12)のルパート・サンダース監督と浮気をしたことが発覚し、騒動となっている。クリステンとルパートは共に浮気を認めて謝罪をし、その後ロバートは彼女と一緒に住んでいた家を出て行ってしまったそうだ。

同人気シリーズの第5作目で最後の作品が今年の11月に公開予定となっているが、同映画の製作会社である「サミット・エンターテインメント」の社長は表明文で、「俳優陣の私生活についてコメントはしないというポリシーです。サミットは11月の『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』のオープニングのために全力を尽くしますし、たのしみにしています」とコメントした。

さらに「我々はこの映画が熱心なファンの皆さんや観客の皆さんに素晴らしいエンターテインメントを届けてくれる自信があります」と表明し、当初の予定通りにプロモーション活動を行う方針だと明らかにした。

また、ロバートは今月13日に自身の映画『コスモポリス』(原題、8月17日全米公開)のニューヨーク・プレミアに登場すると代理人は発表しており、クリステンの浮気発覚後初めて公の舞台に姿を現すようだ。

ロバートとクリステンの関係がどうなったかは分からないが、“ロブステン”のファンたちは仲良くプロモーション活動をする姿が見たいと思っているだろう。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング