ジェニファー・ローレンス&ケイト・アプトンのヌード写真、芸術作品として展示されることに

ハリウッドニュース / 2014年9月4日 16時30分

プライベートヌード写真を流出されたジェニファー・ローレンスとケイト・アプトン (c)Imagecollect.

女優のジェニファー・ローレンスとモデルのケイト・アプトンのヌード写真が、現地時間10月30日からフロリダのセントピーターズバーグで行われる「Cory Allen Contemporary Art(CACA)」のアートショー「No Delete」にて展示されることになった。

先日、ジェニファーとケイトらハリウッドスターの裸だというプライベート写真が、あるサイトのスレッドに投稿された。ほかにも多くのセレブの携帯電話がハッキングされている。ジェニファーとケイトはその写真が本物であると認めており、「プライバシーの侵害」だとコメントしている。

そして、2人のヌード写真がロサンゼルスの芸術家XVALAの「Fear Google」というキャンペーンのために使用されることになったとゴシップサイト「E!ニュース」は伝えている。このキャンペーンは、Googleで発見された有名人の“プライベート”写真を集めたコレクションで、ブリトニー・スピアーズの丸坊主姿のポートレイトや流出されたスカーレット・ヨハンソンのヌード写真などが使用されているという。これは現代のデジタル時代における個人のプライバシーについての問題を表しているという。

XVALAは「今の文化では、すべての人がすべての人のすべてを知りたいと思っています。個人のプライバシーはすべての人に関係するようになったのです」と話している。

ジェニファーとケイトのヌード写真は等身大にプリントされ、修正も加えられないそうだ。【馬場 かんな】

ハリウッドニュース

トピックスRSS

ランキング